excitemusic

ケネディ大統領、ケネディファミリー及びその周辺についてのケネディマニア日記です。
by Kennedy-Society
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メモ帳
★当ブログはリンクフリーです。ご自由に貼り付けて下さい。
カテゴリ
全体
会報「KENNEDY」
会報バックナンバー
ジョン・F・ケネディ
ジャクリーン・ケネディ
ロバート・F・ケネディ
エドワード・ケネディ
パトリシア・ケネディ
JFKジュニア
キャロライン・ケネディ
パトリック・ケネディ
クリストファー・ケネディ
ケネディ家と公職
スペシャルオリンピックス
ケネディ暗殺
ケネディゆかりの場所
ケネディ大統領慰霊碑
アイルランド
JFKライブラリー
ケネディ文献・資料
テレビ・映画・舞台
映画「ボビー」
映画「稲妻の二年十ヶ月」
ビデオ
宝塚公演「JFK」
記念切手
ケネディゆかりの人々
ソレンセン
デイブ・パワーズ
ヒュー・サイディ
ガルブレイス
國弘正雄
松山幸雄
高市早苗
桃井 真
Ban Ki-Moon
中間選挙
PT109
空母ジョン・F・ケネディ
『勇気ある人々』
沈黙の春
マイスペース
ケネディ関連の音楽
異文化交流
メーリングリスト
リンク紹介
米大統領選挙
会報執筆者
ケネディ騎士団
ハマースミス・ファーム
Sixth Floor Museum
ローリー・ケネディ
ケネディ関連文献紹介(日本語)
CapeCodTimes
その他
マリア・シュライバー
鳩山由紀夫
イーディー・ビール
杉田弘毅
ロバート・マクナマラ
ウォルター・クロンカイト
ファーストドッグ・BO(ボー)
ユーニス・シュライバー
ハイアニス
ポール・B・フェイ
ニューヨークピザトニー
ヴィッキー・ケネディ
平沢淑子
ジョセフ・ケネディⅡ
ジョセフ・P・ケネディⅢ
スチュワート・ユーダル
アナトリー・ドブルイニン
ジョン・ワーネック
ロバート・ケネディJr.
テッド・ケネディJr.
マクスウェル・ケネディ
なだいなだ
細野軍治
堀切友孝
奥菜秀次
ヘレン・トーマス
カラ・ケネディ
品川力
福田久賀男
細野豪志
未分類
検索
以前の記事
最新のトラックバック
ケネディの会のブログで紹..
from Eijipress blog
ゴダイゴCONCERT ..
from 英語に触れる生活
セレブって、どんな人?
from Boochanの宝探し
「グッドナイト&グッドラ..
from 映画と出会う・世界が変わる
これもまたハリウッド映画..
from 万歳!映画パラダイス〜京都ほ..
映画:グッドナイト&グッ..
from 駒吉の日記
新会社法元年・あけまして..
from 「税金まにあ」木村税務会計事..
国が諸君のために何をして..
from グーグーパンダの語る人生の目的
ダラス
from アメリカの都市
鹿砦社・松岡さん拘留理由..
from 旗旗
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


復刊『勇気ある人々』についてのブログあれこれ

英治出版から、ジョン・F・ケネディ著、宮本喜一訳『勇気ある人々』が刊行されて1ヶ月。さまざまなブログで、この書物についての言及があります。以下に、そのうちいくつかのブログをご紹介します。

(1)【産経抄】1月31日

(2)病児保育のNPO法人フローレンスを経営している駒崎弘樹のblogです。元ITベンチャー経営者、現在NPO代表の試行錯誤の日々を発信します。【日記:J・F・ケネディ「勇気ある人々」に読む、精神的心棒なき日本社会に必要なもの】

(3)まさログ:(元)編集者であり、NPO代表であり、(元)社会人大学院生である「まさっち」による、 本づくり、ひとづくり、まちづくりのブログです。(現在 法務部員)【勇気ある人々】

(4)アマゾン元バイヤー、土井英司による厳選ビジネス書評メルマガ。ベストセラー分析と本当に読むべき珠玉の一冊を提供しています。【『勇気ある人々』 】

(5)ムイ・カリエンテ への道:読書『勇気ある人々』


以上、ごく一部ですが、さまざまな職業の方が、さまざまな読み方をしているということがわかるかと思います。このあと順次、ブログを追加していきますが、政治家では、前衆議院議員の小林興起さんが『勇気ある人々』の思い出を書かれています。

【それを聞いて、青春時代に憧れたケネディ大統領の若き日の著作、『勇気ある人々』(ピューリッツア賞受賞)で描かれた勇気ある政治家達のことがふと思い出されました。早速、家に戻って、若かりし頃に熟読し、感銘を受けたこの本を再び紐解いてみました。】

以下、こちらをご覧下さい。
講師マガジン:人

この文章は以前書かれたものですから、小林さんは英治出版の新刊ではなく、日本外政学会版の『勇気ある人々』をお持ちで、それを読んで書かれたようです。


*画像:
日本外政学会版の『勇気ある人々』には昭和33年の初版以来、何種類かのカバーがあって、10版、20版のカバーになるとケネディの写真も裏表紙に載っていますが、帯付きはほとんど見たことがありません。これは私が家蔵する唯一の帯付き本。「昭和36年1月25日、第4版」となっているので、ケネディ大統領の就任式に合わせ、帯を新しくつけて刊行されたものと思われます。
e0022333_2011247.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2008-02-16 20:01 | 『勇気ある人々』
<< 今夜です!日本テレビ「 JFK... 『勇気ある人々』のアマゾン・レビュー >>