excitemusic

ケネディ大統領、ケネディファミリー及びその周辺についてのケネディマニア日記です。
by Kennedy-Society
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メモ帳
★当ブログはリンクフリーです。ご自由に貼り付けて下さい。
カテゴリ
全体
会報「KENNEDY」
会報バックナンバー
ジョン・F・ケネディ
ジャクリーン・ケネディ
ロバート・F・ケネディ
エドワード・ケネディ
パトリシア・ケネディ
JFKジュニア
キャロライン・ケネディ
パトリック・ケネディ
クリストファー・ケネディ
ケネディ家と公職
スペシャルオリンピックス
ケネディ暗殺
ケネディゆかりの場所
ケネディ大統領慰霊碑
アイルランド
JFKライブラリー
ケネディ文献・資料
テレビ・映画・舞台
映画「ボビー」
映画「稲妻の二年十ヶ月」
ビデオ
宝塚公演「JFK」
記念切手
ケネディゆかりの人々
ソレンセン
デイブ・パワーズ
ヒュー・サイディ
ガルブレイス
國弘正雄
松山幸雄
高市早苗
桃井 真
Ban Ki-Moon
中間選挙
PT109
空母ジョン・F・ケネディ
『勇気ある人々』
沈黙の春
マイスペース
ケネディ関連の音楽
異文化交流
メーリングリスト
リンク紹介
米大統領選挙
会報執筆者
ケネディ騎士団
ハマースミス・ファーム
Sixth Floor Museum
ローリー・ケネディ
ケネディ関連文献紹介(日本語)
CapeCodTimes
その他
マリア・シュライバー
鳩山由紀夫
イーディー・ビール
杉田弘毅
ロバート・マクナマラ
ウォルター・クロンカイト
ファーストドッグ・BO(ボー)
ユーニス・シュライバー
ハイアニス
ポール・B・フェイ
ニューヨークピザトニー
ヴィッキー・ケネディ
平沢淑子
ジョセフ・ケネディⅡ
ジョセフ・P・ケネディⅢ
スチュワート・ユーダル
アナトリー・ドブルイニン
ジョン・ワーネック
ロバート・ケネディJr.
テッド・ケネディJr.
マクスウェル・ケネディ
なだいなだ
細野軍治
堀切友孝
奥菜秀次
ヘレン・トーマス
カラ・ケネディ
品川力
福田久賀男
細野豪志
未分類
検索
以前の記事
最新のトラックバック
ケネディの会のブログで紹..
from Eijipress blog
ゴダイゴCONCERT ..
from 英語に触れる生活
セレブって、どんな人?
from Boochanの宝探し
「グッドナイト&グッドラ..
from 映画と出会う・世界が変わる
これもまたハリウッド映画..
from 万歳!映画パラダイス〜京都ほ..
映画:グッドナイト&グッ..
from 駒吉の日記
新会社法元年・あけまして..
from 「税金まにあ」木村税務会計事..
国が諸君のために何をして..
from グーグーパンダの語る人生の目的
ダラス
from アメリカの都市
鹿砦社・松岡さん拘留理由..
from 旗旗
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


『ケネディからの贈り物』(ジョン・A・バーンズ著、比護富幸訳)

e0022333_1302086.gif

書 名 『ケネディからの贈り物』
著 者:ジョン・A・バーンズ
翻訳者:比護富幸
発行所:バベルプレス
定 価:1785円(税込み)
2011年7月13日発行
425頁
ISBN 978-4-89449-118-2


バベルプレスのeガイア書店

アマゾンはこちらです

********************************

訳者あとがき

この本は、第35代アメリカ大統領ケネディのリーダーシップについて書かれたものです。

読者のみなさんは、ケネディと聞くと、堂々と演説するケネディの顔を思い浮かべることでしょう。しかし、ケネディは、最初からすばらしい演説家であったわけではありません。若いころは、ぎこちない内気な性格で、演説も上手ではなかったのです。それに、夢見ていたのは政治家ではなく、教師かジャーナリストでした。ところが、政治家を目指していた兄ジェセフが第二次世界大戦で死んだために、急遽政治の道を進むことになったのです。これは大統領になりたかった父の意志でもありました。

ケネディには、胸がときめくような微笑やひたむきな情熱、リラックスしていてさりげないのに真剣みのある態度など、普通の人にはない魅力がありました。しかし、すばらしいリーダーになるためには、陰で大変な努力を重ねなければなりませんでした。風呂に入っている最中にも本を読んだり、演説をいくつも暗記し、繰り返して練習したりしました。また、経済や公民権の問題など、関心がなかった分野も自ら進んで学び、自分を変えていきました。読者はこのような努力に感動し、いつの間にかケネディのファンになっているはずです。

著者はこの本の中で、ケネディがリーダーシップを身につけていった方法を明らかにしています。一つは自らを変える方法、もう一つは周囲のシステムを変える方法です。この本を読むなら、なぜ彼が、わずか3年務めただけなのに、傑出した大統領になれたのかがよくわかります。これから政治やビジネスでリーダーを目指す人には、大変参考になるのではないでしょうか。

ケネディが大統領をめざすためには、相当大きなハンデがありました。カトリック教徒である上に、背中の病気を始めとするさまざまな病気に苦しんでいたからです。彼は、カトリック教徒というマイナス面を明るみに出して偏見と戦い、それをプラスに変えたのです。また、病気の苦しさを顔には出さず、国民に笑顔を向けて勇敢に政治改革を進めていきました。こういうケネディの真実を知るとき、みなさんはきっと心打たれるはずです。

著者は、ピッグズ湾事件とウィーン会談での失敗や、キューバ・ミサイル危機とベルリン危機での成功などケネディの政治面での具体的な行動を詳しく書いています。読者のみなさんは、この本でリーダーとしてどう行動すべきかをたくさん学ぶことができます。もちろん、リーダーを目指さない人でも、ケネディから多くの教訓を得ることができます。結局、人生とは、自分の可能性を求めて努力を続けることであるからです。

なお、この本は、ケネディの学生時代や、日本軍と戦った軍隊時代のことからスキャンダルまで彼の人生のすべてを扱っています。リーダーシップについての単なるハウツーものではなく、ケネディの研究書でもあります。ケネディファンには、大切な一冊になるのではないでしょうか。
[PR]
by kennedy-society | 2011-07-13 13:00 | ケネディ文献・資料
<< パトリック・ケネディ前下院議員... 「ケネディ家の人々」再放送 >>