excitemusic

ケネディ大統領、ケネディファミリー及びその周辺についてのケネディマニア日記です。
by Kennedy-Society
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳
★ケネディの会会報
「KENNEDY」
のバックナンバー
「第20号:ケネディ暗殺40年特集号」
「第24号:ケネディ生誕90年記念号」
の2冊は在庫があります。ご希望の方に謹呈致しますので、下記まで郵便番号・名前・住所をご連絡下さい。
ケネディの会

★当ブログはリンクフリーです。ご自由に貼り付けて下さい。
カテゴリ
全体
会報「KENNEDY」
会報バックナンバー
ジョン・F・ケネディ
ジャクリーン・ケネディ
ロバート・F・ケネディ
エドワード・ケネディ
パトリシア・ケネディ
JFKジュニア
キャロライン・ケネディ
パトリック・ケネディ
クリストファー・ケネディ
ケネディ家と公職
スペシャルオリンピックス
ケネディ暗殺
ケネディゆかりの場所
ケネディ大統領慰霊碑
アイルランド
JFKライブラリー
ケネディ文献・資料
テレビ・映画・舞台
映画「ボビー」
映画「稲妻の二年十ヶ月」
ビデオ
宝塚公演「JFK」
記念切手
ケネディゆかりの人々
ソレンセン
デイブ・パワーズ
ヒュー・サイディ
ガルブレイス
國弘正雄
松山幸雄
高市早苗
桃井 真
Ban Ki-Moon
中間選挙
PT109
空母ジョン・F・ケネディ
『勇気ある人々』
沈黙の春
マイスペース
ケネディ関連の音楽
異文化交流
メーリングリスト
リンク紹介
米大統領選挙
会報執筆者
ケネディ騎士団
ハマースミス・ファーム
Sixth Floor Museum
ローリー・ケネディ
ケネディ関連文献紹介(日本語)
CapeCodTimes
その他
マリア・シュライバー
鳩山由紀夫
イーディー・ビール
杉田弘毅
ロバート・マクナマラ
ウォルター・クロンカイト
ファーストドッグ・BO(ボー)
ユーニス・シュライバー
ハイアニス
ポール・B・フェイ
ニューヨークピザトニー
ヴィッキー・ケネディ
平沢淑子
ジョセフ・ケネディⅡ
ジョセフ・P・ケネディⅢ
スチュワート・ユーダル
アナトリー・ドブルイニン
ジョン・ワーネック
ロバート・ケネディJr.
テッド・ケネディJr.
マクスウェル・ケネディ
なだいなだ
細野軍治
堀切友孝
奥菜秀次
ヘレン・トーマス
カラ・ケネディ
品川力
福田久賀男
細野豪志
未分類
検索
以前の記事
最新のトラックバック
ケネディの会のブログで紹..
from Eijipress blog
ゴダイゴCONCERT ..
from 英語に触れる生活
セレブって、どんな人?
from Boochanの宝探し
「グッドナイト&グッドラ..
from 映画と出会う・世界が変わる
これもまたハリウッド映画..
from 万歳!映画パラダイス〜京都ほ..
映画:グッドナイト&グッ..
from 駒吉の日記
新会社法元年・あけまして..
from 「税金まにあ」木村税務会計事..
国が諸君のために何をして..
from グーグーパンダの語る人生の目的
ダラス
from アメリカの都市
鹿砦社・松岡さん拘留理由..
from 旗旗
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

『ケネディ暗殺事件-15年目の証言-』の再放送

WOWOWで、5月27日(火)に放送された『ケネディ暗殺事件-15年目の証言-』が、7月14日(月)に再放送されます。

『ケネディ暗殺事件-15年目の証言-』
WOWOW 192ch
7月14日(月)午前10:40より~

原題: Fatal Deception: Mrs. Lee Harvey Oswald
ジャンル: ドラマ   製作年: 1993年
製作国: アメリカ   本編分数: 92分

監督  ロバート・ドーンヘルム
製作  ポール・ポンピアン デヴィッド・L・ウォルパー バーナード・ソフロンスキー
脚本  ポール・ポンピアン
撮影  ユーリー・ネイマン
音楽  ハラルド・クローサー
出演  マリーナ・オズワルド:ヘレナ・ボナム=カーター
     デヴィッド・リフトン:ロバート・ピカード
リー・ハーヴェイ・オズワルド:フランク・ホェーリー
ジョージ・デ・モーレンシルト:ビル・ボレンダー
ケネス・ポーター:ブランドン・スミス

世界を揺るがせたJ・F・ケネディ大統領暗殺事件の犯人とされたL・H・オズワルド。夫人の視点から、今なお深い闇に包まれた同事件に新たな観点から迫る歴史サスペンス!


e0022333_22502540.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2008-06-25 22:50 | テレビ・映画・舞台

エドワード・ケネディ上院議員夫妻からのお礼メール

5月26日に、

エドワード・ケネディ上院議員に励ましのメッセージを!

という記事をアップしましたが、そのメール送信フォームから励ましのメールをエドワード・ケネディ上院議員に出したところ、先日(6月19日)、お礼のメールが届きました。


Dear Kaname:

Thank you so much for your prayers and good wishes. They mean so much to both of us as we face this new and unexpected health challenge.

We are deeply grateful for your thoughtfulness.

Sincerely

Ted and Vicki Kennedy



簡単な返信ですが、奥さんのヴィッキーと連名というところがいいですね。


画像:エドワード・ケネディ上院議員の記念切手

e0022333_23502499.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2008-06-23 23:50 | エドワード・ケネディ

クリストファー・ジョージ・ケネディ

ロバート・F・ケネディの五男クリストファー・ジョージ・ケネディが、シカゴにおける芸術活動の活発化に力を入れているという「シカゴ・マガジン」の記事です。

The Show Goes On
Two years ago, Christopher Kennedy, the president of the Merchandise Mart and an heir of the iconic clan, rescued the city's leading art exhibition from last-minute ruin. This year, it opens with more exhibitors, four satellite shows, and world-class expectations.

Chicago Mag.COM

[1]~[4]まで全部で4頁の記事で、2頁目にはボビー一家とクリストファー一家の写真、さらに4頁には会長を務めるシカゴのマーチャンダイズ・マートの執務室での写真があり、壁一面にケネディファミリーの写真が飾られています。

クリストファー・ジョージ・ケネディは、1963年7月4日にロバート・F・ケネディとエセル夫人との間の8番目の子ども(五男)として誕生。ボストン大学で政治学を学んだ後、ケネディファミリーが所有していたシカゴのマーチャンダイズ・マートに研究調査員として就職。仕事をしながらノースウエスタン大学のビジネススクールで学び、マーチャンダイズ・マートの副会長等を経て、2000年に会長に就任。

同じボストン大学を卒業した弁護士のシーラー・バーナーと1987年に結婚。
シカゴ郊外で4人の子どもたち (Katherine, Christopher Jr., Sarah and Clare)と暮らしています。

ロバート・F・ケネディの子どもには、政治の世界を目指す子どもたちが多いですが、クリストファーは学生時代から商才があり、経済界でその才能を発揮しているようです。もちろんケネディファミリーの伝統であるボランティアにも熱心で、シカゴでのさまざまなボランティアにもよく参加しています。


画像の本に登場するケネディ家第三世代には、ジョン・F・ケネディ・ジュニアをはじめとして不慮の死をとげた若者のあまりに多いこと、そのことにあらためて栄光と悲劇に包まれたケネディ家、という言葉を実感させられます。


e0022333_13465976.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2008-06-21 13:58 | クリストファー・ケネディ

エドワード・ケネディ上院議員の近況

エドワード・ケネディ上院議員の息子パトリック・ケネディ下院議員によると、ケネディ上院議員はたくさんの家族や友人に囲まれて過ごしていますが、家族や友人たちは、病気との次の闘いのために静かな時間が必要なことも認識しているとのことで、

「皆が父と一緒に居たがりますが、父には自分だけの静かな時間も必要です。病気と闘うのに、疲れていてはいけないですから。」

とパトリック・ケネディ下院議員は述べています。
The Diabetes Foundation of Rhode island でのパトリック・ケネディ下院議員の話から)

パトリック・ケネディ下院議員は、ケネディ上院議員の次の治療がいつから始まるのか、明らかにしませんでしたが、化学療法は自宅でも出来る錠剤服用を考えているとのことです。また、放射線療法は、一回の治療が15分で、治療に関しては、ケネディ上院議員の状態によって決まるそうです。

父の日はハイアニスの自宅で家族とともに過ごし、つい最近も息子と姪のマリア・シュライバー(アーノルド・シュワルツネッガーカルフォルニア州知事夫人)らとボートに乗っていたそうです。

次なる闘いに備えてエネルギー充電中ですね。がんばれ、テッド!


【関連記事】

Patches: Ted Kennedy ready to ‘do battle’ against brain tumor
BOSTON Herald.com

Kennedy back at work amid brain cancer treatment
BOSTON Herald.com


画像は、エドワード・ケネディ上院議員からいただいた手紙。
最後の一節「ケネディ大統領のメッセージをこの世代にそして未来の世代へと伝えていく」は、そのままケネディの会の基本精神としています。それは、作家埴谷雄高が言った「精神のリレー」ということだと思います。


e0022333_15253555.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2008-06-19 15:25 | エドワード・ケネディ

宝塚雪組公演「JFK」(デジタル:トゥエルビで放送)

今日の夜7時から、デジタル放送トゥエルビで宝塚雪組公演「JFK」が放送されます。

デジタル放送トゥエルビ(12チャンネル)午後7時~9時

宝塚ドリーミング・シアター「JFK」
小池修一郎作・演出
一路真輝(JFK)
花総まり(ジャッキー)


すでに、何度もテレビでも放送されているので、ご覧になった方も多いと思いますが、私にとってこの雪組公演「JFK」は生まれて初めての宝塚体験でした。

まだ改装前の東京宝塚劇場で、席が招待席だったので(演出の小池さんに、この公演のシナリオを書く資料として我が家のケネディ・ビデオをみかん箱に
2箱分お貸ししたそのお礼で招待されました)前から数列目のど真ん中という特等席で鑑賞。一路真輝(JFK)さんや花総まり(ジャッキー)さんなど宝塚雪組の熱演を堪能しました。

その後、この公演関連のビデオやパンフ、宝塚雑誌など一連の関連資料を収集。その中で、ケネディ大統領を演じた一路真輝さんの著書も拝読。当ブログで紹介したこともあります。

一路真輝著『真実』 集英社 1996年5月30日 205頁

幸か不幸か、その鑑賞を機会に熱狂的な宝塚のファンとなる~ということはなかったのですが、それでも「華麗なるギャツビー」などいわゆる背広物の宝塚作品には関心があり、テレビではよく見るようになりました。


参考:小池修一郎「JFKの見た月」(ケネディの会会報「KENNEDY」第8号、1995年7月28日発行、P2~3)



e0022333_13482946.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2008-06-15 13:50 | 宝塚公演「JFK」

エドワード・ケネディ上院議員、退院してハイアニスへ

エドワード・ケネディ上院議員は、6月9日(月)、ノースカロライナ州のデューク大学メディカルセンターを退院して、ケープコッドのハイアニスにある別荘に帰りました。

手術後の状態は良好とのことで、今週中にも、化学、放射線療法をマサチューセッツ総合病院で始めるそうです。エドワード・ケネディ上院議員自身は、早くワシントンDCへ戻って上院議員としての仕事を続けたいそうですが、さすがにそれはもう少し先のことになりそうです。

以下は、ケネディ上院議員事務所が発表した声明文です。

"Senator Kennedy is returning to his home in Hyannis Port today. His doctors are
pleased with his progress since surgery a week ago, and he will continue to recuperate at home before starting the next phase of his treatment. He is thankful for the
extraordinary care of the doctors and nurses at Duke, and also for the continued
prayers and well wishes from the people of Massachusetts and all over the country. In the interest of family privacy, there will not be regular updates regarding the Senator's daily schedule or treatment plans moving forward."(2008年6月9日)


エドワード・ケネディ上院議員の写真、動画、記事
CapeCodTimes のKENNEDY FAMILY

CapeCodTimes の上記の KENNEDY FAMILY というページに、エドワード・ケネディ上院議員の写真、動画、記事が集められていますので、ご覧下さい。
[PR]
by kennedy-society | 2008-06-11 01:51 | エドワード・ケネディ

キャロライン・ケネディ、副大統領選考委員に

米大統領選で民主党候補指名を確定させたオバマ上院議員は、6月4日、副大統領候補の選定作業への協力を、キャロライン・ケネディなど3人の有識者に要請。

この3人の民主党副大統領選考委員は、以下の通りです。

キャロライン・ケネディ
(これまでの当ブログのキャロライン・ケネディ関連の記事
(これまでの当ブログの2008年米大統領選挙関連の記事

エリック・ホールダー
クリントン政権の司法次官で、 オバマ政権での司法長官候補者の一人。

ジム・ジョンソン
経験あるワシントン・インサイダーで、ロビー活動家達の情報通。過去の選挙で、モンデールとジョン・F・ケリーの副大統領選考委員を務めたビジネスマン。


【関連記事】

ケネディさんらに協力要請 民主の副大統領選び本格化
IZAいざβ版

Caroline Kennedy on Obama VP search team
Yahoo! News

e0022333_12104210.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2008-06-06 12:16 | キャロライン・ケネディ

オバマ氏にたいまつ渡す  王朝終わり、変革新世代に

ケネディの会のメンバーで、共同通信ワシントン支局長の杉田弘毅さんから、上記タイトルの原稿を拝受いたしました。

本来ならば会報「KENNEDY」に掲載すべきものですが、会報「KENNEDY」
第26号の発行が遅れていますので、エドワード・ケネディ上院議員が病気と闘っている現状を考えて、すみやかに発表できるこちらのブログに掲載することにいたしました。

杉田弘毅共同通信ワシントン支局長
1957年愛知県生まれ、80年一橋大学卒業後、共同通信入社。大阪社会部などを経て89年外信部。旧ソ連・中東移動特派員としてソ連崩壊、湾岸戦争などを取材。テヘラン支局長、国連特派員(ニューヨーク)、ワシントン特派員、外信部副部長などを経て、2005年7月から現職。全米記者協会国際委員。専門は米政治・外交・社会、中東、日米関係、グローバル問題、核問題など。主な著書に「検証 非核の選択」(岩波書店 2005年)、
       「さまよえる日本―未来へのシナリオ」(生産性出版 2008年)。
E-mail: メールアドレス

********************************

「ケネディ議員重病」
オバマ氏にたいまつ渡す  王朝終わり、変革新世代に


 ケネディ三兄弟の中では一人だけ凶弾に倒れず、米政界のドンとして多くの業績を挙げてきたエドワード・ケネディ上院議員(76)が悪性脳腫瘍(しゅよう)を患っていることが分かった。一日も早い復帰を祈りたい。エドワード・ケネディ上院議員の入院と最近の言動は、「ケネディ王朝」の終わりが近いことを印象づけるとともに、大統領選で民主党の指名を確実にしているオバマ上院議員(46)ら新しい政治指導者への交代が進む米政界の新潮流が浮き彫りになる。特にケネディ議員は世代交代を自らの言葉で促してきた。その度量が長く政界で尊敬を集めてきたゆえんなのだろう。
 激動の米現代史を象徴する二人の兄、ジョン・ケネディ大統領、ロバート・ケネディ司法長官の暗殺は、ケネディ家に特別の地位を与えた。ニューヨーク沖で自ら操縦する飛行機が墜落して死んだ同大統領の長男ジョン・F・ケネディ・ジュニアも含めてケネディ家には「悲劇と華やかさ」のイメージがついて回る。故大統領と女優マリリン・モンローの交際など醜聞にも事欠かない。
 エドワード・ケネディ上院議員も一九六九年に女性を乗せて車を運転中に池に転落、本人は脱出したが、警察に通報せずに女性は死亡するという事件(チャパキディック事件)を起こし、ケネディ家の悲劇の伝統を受け継いだ。
 しかし、政治家としては「早世」という言葉があてはまる二人の兄と異なり、ケネディ氏は、四十六年間の議員生活で粘り強いまとめ役に才能を発揮、国民に直接影響する立法を次々と成功させた業績にある。一九八〇年の大統領選出馬が六九年の女性水死事件も影響し敗北に終わった後は、二人の兄とは対照的に地味な議員活動に天職を見いだした。
 ケネディという金看板、経験、政策知識を基に、民主党と共和党保守派を結び付け、公民権、移民、教育、医療、司法、たばこ規制など広範な立法を実現した。政府が法案提出の主体である日本と異なり、米国は議員が法案を作る制度で、ケネディ議員の法案への精通度は並外れている。法案を通すためには、じっと座って相手が折れるまで何時間でも待つという辛抱強さは米政界でよく知られる。「米史上もっとも影響力を持つ上院議員」(フランク下院金融委員長)と言われるケネディ氏の貢献の大きさが分かる。
 民主党リベラル派長老のケネディ氏の入院の報に、共和党保守派のブッシュ大統領が「壮大な勇気と驚くべき強靱(きょうじん)さ、力強い心を持つ男」と絶賛する声明を発表したのも、教育や移民などブッシュ氏の内政案のほとんどが、ケネディ氏との協力の末に実現したからだ。ケネディ氏はイラク戦争に猛反対するが、それを引いてもブッシュ氏は恩を感じている。
 パトリック・ケネディ下院議員ら「ケネディ」の名を継ぐ政治家はいるが、3兄弟に比べてその威光は劣る。エドワード・ケネディ上院議員の入院は「王朝」のやがてくる衰退を予想せざるを得ない。
 今年に入ってからケネディ氏に注目が集まったのは、大統領選で民主党の指名争いを繰り広げるオバマ氏への支持を表明した一月末の演説だ。寒風が吹くワシントンのアメリカン大学で「変革がすぐそこに迫っている。この風に変革が感じられる」と、マイクが不要なほどの大きな声で宣言した演説は、白人社会の門をこじ開けて黒人候補オバマ氏を受け入れる先導役となり、その後民主党主流派の白人政治家がせきを切ったようにオバマ氏支持に流れる契機となった。
 ケネディ氏はこの演説で「民主党対共和党」、「リベラル対保守」という対決の政治からの脱却と世代交代を説いた。「私の兄(故大統領)も先輩政治家に『まだ早過ぎる』と言われたが、時は熟していた」と述べ、若い世代への期待を熱く語った。この時はクリントン・ブッシュ時代の不毛の対立への告別の演説と受け止められたが、ケネディ王朝もやがて衰退していくという事実に気付き「大統領だった兄を思い出させる」オバマ氏に、変革のたいまつを引き継ぐ思いだったのだろう。(共同通信ワシントン支局長 杉田弘毅)

********************************
[PR]
by kennedy-society | 2008-06-04 14:16 | 杉田弘毅

エドワード・ケネディ上院議員、手術成功!

米国ノース・カロライナ州にあるデューク大学メディカルセンターで行われたエドワード・ケネディ上院議員の手術は、当初6時間と言われていた手術ですが、3時間半程で無事終了しました。

エドワード・ケネディ上院議員は、
「気分は最高。明日もう一度手術出来るぐらい元気です。」
というコメントを発表しています。

相変わらず、ファイト溢れるコメントで、頼もしいかぎりです。
本来、こちらが励ますべき立場なのに、むしろエドワード・ケネディ上院議員に励まされているような感じです。

医師によると、今回の手術の目的は、取れるだけの腫瘍を除去すること。その目的を果たす事が出来て、手術は成功とのことです。あとは、残りの腫瘍を化学療法、放射線療法で縮小することなります。つまり、手術によってすべての腫瘍を除去できたわけではないが、できる限り腫瘍を除去して、このあとの化学療法、放射線療法での治療をやりやすくして、完治を目指すということのようです。

なお、腫瘍の場所が、言語、記憶などをつかさどる繊細な場所にある為、健康な脳の部分を誤って取る事がない様、様子を見る事が必要だったため、何と、エドワード・ケネディ上院議員は部分麻酔で、手術中ほとんどずっと意識があったそうです。これもすごい~。

いずれにしても、無事手術が終わり、完治へ向けての第一歩を踏み出したことをうれしく思います。

【関連記事】

Doctor calls Kennedy's brain surgery successful
Yahoo!News

Kennedy surgery deemed successful
CapeCodTimes

このあと順次、情報を更新します。がんばれ、テッド!
[PR]
by kennedy-society | 2008-06-03 09:42 | エドワード・ケネディ

(速報)エドワード・ケネディ上院議員、手術中!

エドワード・ケネディ上院議員は、現在、脳腫瘍の手術中です。
手術は現地時間午前9時ごろから始まり、6時間ほどかかるそうです。手術の成功を心より祈っています。

【エドワード・ケネディ上院議員の声明文から(大意)】

マサチューセッツ州の皆さん、友人達、全国そして世界中からの暖かい励ましに感謝しております。

ここ数日、妻ヴィッキー、マサチューセッツ総合病院の医師団と共に、全国のエキスパートの意見を聞き、手術とその後化学療法、放射線療法を行うのが一番良いと判断しました。

今朝、デューク大学メディカルセンター(注:ノース・カロライナ州にあります)で、アラン・フェルドマン医師の執刀にて手術を行います。その後一週間ほどそこで療養します。

その後は、マサチューセッツ総合病院で放射線療法、化学療法を行います。

治療後は、オバマ議員の大統領選出の為の応援を続けることを楽しみにしております。


【関連記事】

Kennedy at Duke for surgery on brain tumor
Yahoo!News

Sen. Kennedy to undergo brain surgery
CapeCodTimes

Statement of Sen. Edward M. Kennedy
USATODAY

US Senator Edward Kennedy to Undergo Brain Surgery
VOA News

このあと順次、情報を更新します。がんばれ、テッド!
[PR]
by kennedy-society | 2008-06-02 23:35 | エドワード・ケネディ