excitemusic

ケネディ大統領、ケネディファミリー及びその周辺についてのケネディマニア日記です。
by Kennedy-Society
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
メモ帳
★ケネディの会会報
「KENNEDY」
のバックナンバー
「第20号:ケネディ暗殺40年特集号」
「第24号:ケネディ生誕90年記念号」
の2冊は在庫があります。ご希望の方に謹呈致しますので、下記まで郵便番号・名前・住所をご連絡下さい。
ケネディの会

★当ブログはリンクフリーです。ご自由に貼り付けて下さい。
カテゴリ
全体
会報「KENNEDY」
会報バックナンバー
ジョン・F・ケネディ
ジャクリーン・ケネディ
ロバート・F・ケネディ
エドワード・ケネディ
パトリシア・ケネディ
JFKジュニア
キャロライン・ケネディ
パトリック・ケネディ
クリストファー・ケネディ
ケネディ家と公職
スペシャルオリンピックス
ケネディ暗殺
ケネディゆかりの場所
ケネディ大統領慰霊碑
アイルランド
JFKライブラリー
ケネディ文献・資料
テレビ・映画・舞台
映画「ボビー」
映画「稲妻の二年十ヶ月」
ビデオ
宝塚公演「JFK」
記念切手
ケネディゆかりの人々
ソレンセン
デイブ・パワーズ
ヒュー・サイディ
ガルブレイス
國弘正雄
松山幸雄
高市早苗
桃井 真
Ban Ki-Moon
中間選挙
PT109
空母ジョン・F・ケネディ
『勇気ある人々』
沈黙の春
マイスペース
ケネディ関連の音楽
異文化交流
メーリングリスト
リンク紹介
米大統領選挙
会報執筆者
ケネディ騎士団
ハマースミス・ファーム
Sixth Floor Museum
ローリー・ケネディ
ケネディ関連文献紹介(日本語)
CapeCodTimes
その他
マリア・シュライバー
鳩山由紀夫
イーディー・ビール
杉田弘毅
ロバート・マクナマラ
ウォルター・クロンカイト
ファーストドッグ・BO(ボー)
ユーニス・シュライバー
ハイアニス
ポール・B・フェイ
ニューヨークピザトニー
ヴィッキー・ケネディ
平沢淑子
ジョセフ・ケネディⅡ
ジョセフ・P・ケネディⅢ
スチュワート・ユーダル
アナトリー・ドブルイニン
ジョン・ワーネック
ロバート・ケネディJr.
テッド・ケネディJr.
マクスウェル・ケネディ
なだいなだ
細野軍治
堀切友孝
奥菜秀次
ヘレン・トーマス
カラ・ケネディ
品川力
福田久賀男
細野豪志
未分類
検索
以前の記事
最新のトラックバック
ケネディの会のブログで紹..
from Eijipress blog
ゴダイゴCONCERT ..
from 英語に触れる生活
セレブって、どんな人?
from Boochanの宝探し
「グッドナイト&グッドラ..
from 映画と出会う・世界が変わる
これもまたハリウッド映画..
from 万歳!映画パラダイス〜京都ほ..
映画:グッドナイト&グッ..
from 駒吉の日記
新会社法元年・あけまして..
from 「税金まにあ」木村税務会計事..
国が諸君のために何をして..
from グーグーパンダの語る人生の目的
ダラス
from アメリカの都市
鹿砦社・松岡さん拘留理由..
from 旗旗
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

会報「KENNEDY」原稿募集のお知らせ

会報「KENNEDY」第26号の原稿を募集しています。

【募集要項】

「ケネディ家(JFK、RFK、EMK、ジャッキー、その他ケネディファミリー)とその周辺に関する原稿」

1  原稿はケネディ家(JFK、RFK、EMK、ジャッキー、その他ケネディファミリー)とその周辺に関するものでしたら、何でもかまいません。また、エッセイ・論文等のスタイルを問いません。
2 原稿の枚数も自由です(長くても、短くてもかまいません。連載も可能です)。
3 原稿末尾に肩書きをご記入下さい。

「連載『ケネディと私』の原稿」

1 原稿は、ケネディ家(JFK、RFK、EMK、ジャッキー、その他ケネディファミリー)とその周辺に関するものでしたら何でもかまいません。
2 原稿の枚数も自由です(長くても、短くても大丈夫です)。
3 「ケネディと私」シリーズとして連載していますので、サブタイトルをつけていただけると幸いです。
4 原稿末尾に肩書きをご記入下さい。


なお、原稿は手書きでもワードでもOKです。
送付も郵便・FAX・メール・ワード添付いずれも可。ただし、ワード添付で送信される時は、ウイルス対策のため必ずメールの送信タイトルに「ケネディ原稿」と付け加えて下さい。

第26号の原稿締め切りは8月末頃、発行は9月末頃を予定しています。特に原稿料というのはありませんが、執筆者には掲載号を30部(それ以上の部数をご希望の方には希望部数)お送りして、お礼とさせていただいています。

原稿をご寄稿いただけます方は、メールにて
ケネディの会
まで送付先をお問い合わせ下さい。

[ 参考 ]
ケネディの会会報「KENNEDY」巻頭文総目次

ケネディ生誕90年記念号(第24号)目次

それでは、どうぞよろしくお願いいたします。


画像:
米国ロードアイランド州ニューポートのハマースミスファームのパンフレット。
ケネディ夫妻の結婚披露パーティが開かれた場所として、また夏のホワイトハウスとしても有名な別荘ですが、現在は個人所有となってしまい、内部は見れなくなりました。
まだ一般公開されていた頃にニューポートへ行って、ハマースミスファームの内部見学ツアーにも参加しましたので、いつか詳しい紹介をしたいと思います。ジュニアやキャロラインの部屋もありました。

e0022333_152568.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2008-02-26 14:56 | 会報「KENNEDY」

週刊「歴史のミステリー」5号

現在、発売中の

週刊「歴史のミステリー」5号 
デアゴスティーニ発行 2008年2月19日発売 定価560円


に、

「歴史検証ファイル:ケネディ暗殺事件の首謀者は誰だったのか」
(P9~15)

が掲載されています。

e0022333_19364524.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2008-02-22 23:08 | ケネディ暗殺

今夜です!日本テレビ「 JFK事件45年目の衝撃 」

いよいよ今夜ですね!
すでに新聞各紙に紹介文が掲載されています。

朝日新聞より
「政治を重層的に取り巻く思惑が生んだと想像できる事件だが、実行犯に絞った視点も興味がわく。事件を知らない世代には若干の予習が必要か・・・・・・」(2月21日朝刊)

東京新聞より
「当時のフィルムなど資料もいっぱい。歴史好きには興味の尽きない内容だ。公的資料は2039年まで非公開。当時を知る鳥越俊太郎さんら、ゲストのコメントにも説得力がある。」(2月21日朝刊)

**************************

日本テレビ「大統領は私が撃った! JFK事件45年目の衝撃 」

2008年2月21日(木)19:00~20:54

【スタジオMC】羽鳥慎一(日本テレビ アナウンサー)
【ゲスト】鳥越俊太郎、加藤夏希、土田晃之

■番組の5大スクープ
(1) 世界未公開映像!真犯人を名乗るジェームス・ファイルズの告白テープ その衝撃の中味を徹底分析。
(2) 事件の一部始終を記録した警察無線音声テープを入手!最新の音響科学解析によって浮かび上がってきた衝撃の新事実。
(3) 犯人に断定されたオズワルドの無実を証明する3つの証拠。
(4) 刑務所に服役中のファイルズに接触成功!ファイルズが肉声で語った犯行の動機とは
(5) ファイルズの犯行を示唆する歯型のついた銃弾(薬きょう)を オランダで発見。

詳しくは番組のHPをご覧下さい。
日本テレビ「大統領は私が撃った! JFK事件45年目の衝撃 」
[PR]
by kennedy-society | 2008-02-21 10:49 | ケネディ暗殺

復刊『勇気ある人々』についてのブログあれこれ

英治出版から、ジョン・F・ケネディ著、宮本喜一訳『勇気ある人々』が刊行されて1ヶ月。さまざまなブログで、この書物についての言及があります。以下に、そのうちいくつかのブログをご紹介します。

(1)【産経抄】1月31日

(2)病児保育のNPO法人フローレンスを経営している駒崎弘樹のblogです。元ITベンチャー経営者、現在NPO代表の試行錯誤の日々を発信します。【日記:J・F・ケネディ「勇気ある人々」に読む、精神的心棒なき日本社会に必要なもの】

(3)まさログ:(元)編集者であり、NPO代表であり、(元)社会人大学院生である「まさっち」による、 本づくり、ひとづくり、まちづくりのブログです。(現在 法務部員)【勇気ある人々】

(4)アマゾン元バイヤー、土井英司による厳選ビジネス書評メルマガ。ベストセラー分析と本当に読むべき珠玉の一冊を提供しています。【『勇気ある人々』 】

(5)ムイ・カリエンテ への道:読書『勇気ある人々』


以上、ごく一部ですが、さまざまな職業の方が、さまざまな読み方をしているということがわかるかと思います。このあと順次、ブログを追加していきますが、政治家では、前衆議院議員の小林興起さんが『勇気ある人々』の思い出を書かれています。

【それを聞いて、青春時代に憧れたケネディ大統領の若き日の著作、『勇気ある人々』(ピューリッツア賞受賞)で描かれた勇気ある政治家達のことがふと思い出されました。早速、家に戻って、若かりし頃に熟読し、感銘を受けたこの本を再び紐解いてみました。】

以下、こちらをご覧下さい。
講師マガジン:人

この文章は以前書かれたものですから、小林さんは英治出版の新刊ではなく、日本外政学会版の『勇気ある人々』をお持ちで、それを読んで書かれたようです。


*画像:
日本外政学会版の『勇気ある人々』には昭和33年の初版以来、何種類かのカバーがあって、10版、20版のカバーになるとケネディの写真も裏表紙に載っていますが、帯付きはほとんど見たことがありません。これは私が家蔵する唯一の帯付き本。「昭和36年1月25日、第4版」となっているので、ケネディ大統領の就任式に合わせ、帯を新しくつけて刊行されたものと思われます。
e0022333_2011247.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2008-02-16 20:01 | 『勇気ある人々』

『勇気ある人々』のアマゾン・レビュー

ジョン・F・ケネディ著、宮本喜一訳
『勇気ある人々』
英冶出版、2008年1月20日、392頁、ISBN 978-4-86276-023-4
定価:本体 2200円+税

レビューをアマゾンに投稿。投稿したら、即、アップされることが多いのですが、今回は反映まで3日もかかりました。

勇気ある人々 (単行本) ジョン・F・ケネディ (著)、 宮本 喜一 (翻訳)
( カスタマーレビュー)


本書を読まれた方は、ぜひアマゾン・レビューの投稿をお願いします。


*画像:
青少年版のジョン・F・ケネディ著、下島 連訳『勇気ある人々』
(日本外政学会、昭和39年9月10日、3版)
この青少年版は、1961年ケネディが大統領に就任した後、Young Readers
Edition が出版されたので、その版に中屋健一東大教授の20ページにわたる詳細な解説を付け加えて刊行されたものです。B6判、234頁。

e0022333_1302024.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2008-02-15 01:30 | 『勇気ある人々』

日本テレビ「大統領は私が撃った! JFK事件45年目の衝撃 」

日本テレビ「大統領は私が撃った! JFK事件45年目の衝撃 」

2008年2月21日(木)19:00~20:54

【スタジオMC】羽鳥慎一(日本テレビ アナウンサー)
【ゲスト】鳥越俊太郎、加藤夏希、土田晃之

■番組の5大スクープ
(1) 世界未公開映像!真犯人を名乗るジェームス・ファイルズの告白テープ その衝撃の中味を徹底分析。
(2) 事件の一部始終を記録した警察無線音声テープを入手!最新の音響科学解析によって浮かび上がってきた衝撃の新事実。
(3) 犯人に断定されたオズワルドの無実を証明する3つの証拠。
(4) 刑務所に服役中のファイルズに接触成功!ファイルズが肉声で語った犯行の動機とは
(5) ファイルズの犯行を示唆する歯型のついた銃弾(薬きょう)を オランダで発見。

詳しくは番組のHPをご覧下さい。
日本テレビ「大統領は私が撃った! JFK事件45年目の衝撃 」
[PR]
by kennedy-society | 2008-02-13 02:44 | ケネディ暗殺

ジョン・F・ケネディ著『勇気ある人々』(英治出版)

ジョン・F・ケネディ著、宮本喜一訳
『勇気ある人々』
英冶出版、2008年1月20日、392頁、ISBN 978-4-86276-023-4
定価:本体 2200円+税

自分のこと、そして自分の選挙区のことしか考えない政治家と、国や国民のことを考えて、たとえ自分の選挙区の人々から反対されようとも、自分の信念に従った行動を貫く政治家の違い。
それは、真の勇気をその政治家が持っているかどうかである。

これが本書によって、著者のジョン・F・ケネディが、私たち読者に最も言いたかったことであるように思う。

ケネディが、
「もし公職にある人たちが、言葉どおりの意味の代弁者に、つまり国全体の永遠に続く繁栄と将来の利益を腐心するような代弁者になることを忘れ、地元選挙民に指図どおりに動く単なる召使になりさがってしまうなら、この国の自由とそのさまざまな尊い利益は、決して安泰にはならないだろう。」(P234)
というのは、国会議員という仕事の本質(つまりは国会議員という公職のあるべき姿)をついていると思う。

日本の政治家は、どうして自分の選挙区のことしか考えないのだろうと、常々、感じていた。国の財政が危機的状況にあるというのに、自分の選挙区を通る道路工事や新幹線駅建設を声高に要求したり、本当に情けないと思う。
日本に勇気ある政治家はいないのか。

フランクリン・ルーズベルトは、

「歴史は問いかける
『その人物はあくまで高潔であったか
私利私欲はなかったか
勇気の持ち主だったか
揺ぎない意思の持ち主だったか』

現在のアメリカには、これらの四つの質問に、ジョージ・ノリスの向こうを張って、堂々と明確にイエスと答えるだけの資格のある政治家はほとんど見当たらないのだ」(P272~273)

と言っているが、日本も同じである。
しかし、ケネディは言う。

「われわれ民衆はボスであり、善きにつけ悪しきにつけ、われわれが要求する、そしてわれわれ自身にふさわしい政治の指導者を獲得することになるのだ」(P324)

そうなのだ。われわれが選ぶ政治家なのだ。
厳しく問われているのは、むしろ、そういう政治家にしてしまったわれわれ国民の方なのである。政治不信、政治不信と毎日聞かされていると、ついつい政治に絶望してしまいがちであるが、政治家に失望しても政治に失望してはならないのである。

その意味でも、尊敬に値する勇気ある政治家が実際に存在したことを知ることができる本書が、一人でも多くの人に読まれることを願っている。


*補記(1)
できれば衆議院議員と参議院議員全員に本書を一冊ずつ配って、レポートを書いて欲しいとも思うのだが、馬の耳に念仏になる可能性もあり、それはそれで税金の無駄遣いになってしまうので、心ある国会議員だけでも、ぜひ本書を読んで欲しいと思う。

*補記(2)
このブログでも紹介したように
ジョン・F・ケネディ『勇気ある人々』発売開始
『勇気ある人々』先行販売のお知らせ
ジョン・F・ケネディ『勇気ある人々』の復刊
本書は50年ぶりの復刊であり、この名著がこうして再び世に出ることになったことを心より喜びたい。

本書には、初版の
ジョン・F・ケネディ著、下島 連訳『勇気ある人々 良心と責任に生きた八人の政治家』(日本外政学会、昭和33年6月15日、323頁)
にはない
「序文 ロバート・F・ケネディ 」
「付録 刊行五十周年に寄せて キャロライン・ケネディ
    ジョン・F・ケネディの軌跡 」
などの貴重な文章も新しく付加されていて、ケネディファンならずともぜひ手元に置いておきたくなる一冊となっている。ケネディ本というと暗殺本やスキャンダル本ばかりが目立つ中、ケネディを知るには必須ともいうべき本書(その昭和33年版は絶版で入手が困難となっていた)を復刊された英冶出版にも感謝したい。

e0022333_001953.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2008-02-10 00:00 | 『勇気ある人々』

オバマ陣営におけるケネディ効果

今日2月7日の東京新聞朝刊に

「ヒスパニック票で明暗」

「ケネディ効果 白人のみ」

という記事が掲載されました。

民主党員には特別な思い入れがあるケネディ家の支持は、オバマ上院議員が苦手な白人層や高齢者層の支持拡大につながりやすい、ということで、エドワード・ケネディ上院議員やキャロライン・ケネディ、マリア・シュライバーなどケネディ家の支持をとりつけ、カルフォルニア州での白人からの得票率は出口調査によれば、

オバマ上院議員の白人からの得票率=49%
クリントン上院議員の白人からの得票率=43%

となり、サウスカロライナ州での白人からの得票率が24%であったことを考えると、クリントン上院議員の白人からの得票率を6%超えたこの数字はオバマ陣営にとっては驚異的な数字で、ケネディ効果は見事に出たといえるが、しかし、ヒスパニックからの得票率は、

オバマ上院議員のヒスパニックからの得票率=33%
クリントン上院議員のヒスパニックからの得票率=66%

となって、クリントン上院議員に圧倒されたとのことでした。
クリントン上院議員のヒスパニック層における根強い人気がこの結果となったのでしょうが、昨日のテレビでカルフォルニアのヒスパニックの女性医師が、

「私が医師になれたのも、ケネディ家のおかげです」

と街頭インタビューに答えていたのが、心に残りました。

エドワード・ケネディ上院議員もこれまで法案提出などさまざまな活動によって、ヒスパニック層に人気があると聞いていましたが、その人気の一端を垣間見たインタビューだったと思います。

e0022333_0531965.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2008-02-07 21:59 | 米大統領選挙

ヒラリーVSオバマ、大接戦になっています!

日本時間2月7日午前0時現在、

ヒラリー上院議員=8州(AR, AZ, CA, MA, NJ, OK, NY, TN )

オバマ上院議員=13州(AL, AK, CO, CT, DE, GA, ID, IL, KS, MN, MO, ND, UT )

となって、それぞれの獲得代議員数では微差となっていて(ヒラリー上院議員=845人、オバマ上院議員=765人)、まれに見る大接戦になっています。

詳しい全米各州の開票状況は、下記のサイトでご覧下さい。

Yahoo!
ELECTION 08 POLITICAL DASHBOARD

abc NEWS
PRIMARIES 08

CNN
Election Center 2008

*ヒラリーは、ニューヨーク、マサチューセッツ、カルフォルニアの大きな州を3つとって、ほっとしたのではないでしょうか。オバマは、共和党が強い州で頑張って、よくとっていますね。戦いはまだまだ続く~という結果になりそうです。
[PR]
by kennedy-society | 2008-02-06 13:09 | 米大統領選挙

マリア・シュライバーとキャロライン・ケネディ

カルフォルニアで開かれたオバマ支持の集会に、マリア・シュライバー(シュワルツネッガーカルフォルニア州知事夫人)とキャロライン・ケネディの二人がそろって参加。下記のサイトでその様子が動画で見られます。

Caroline Kennedy

1本目から3本目までが、カルフォルニアで開かれたオバマ支持の集会におけるマリア・シュライバーとキャロライン・ケネディ。

(1本目の動画) Oprah and Maria Shriver Stump for Obama
ABC News via Yahoo! News - Feb 04

(2本目の動画) Star-powered women lend hand to Obama in Calf
AP via Yahoo! News - Feb 04

(3本目の動画) Celebs Rally For Obama At UCLA 
CBS 2 / KCAL 9 Los Angeles via Yahoo! News - Feb 03

4本目は、キャロライン・ケネディのオバマ応援テレビCM。

5本目は、キャロライン・ケネディのワシントンのアメリカン大学での応援演説。

7本目は、エドワード・ケネディ上院議員とキャロライン・ケネディのテレビインタビュー。

今夜のテレビ朝日「報道ステーション」「筑紫哲也NEWS23」でも、ケネディ家のオバマ支持について詳しく報道していました。「ケネディの再来」とか「ケネディ旋風」という文字が画面に流れるのを見てうれしく、番組を録画するのをすっかり忘れていました(泣)。
[PR]
by kennedy-society | 2008-02-05 23:38 | 米大統領選挙