excitemusic

ケネディ大統領、ケネディファミリー及びその周辺についてのケネディマニア日記です。
by Kennedy-Society
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メモ帳
★ケネディの会会報
「KENNEDY」
のバックナンバー
「第20号:ケネディ暗殺40年特集号」
「第24号:ケネディ生誕90年記念号」
の2冊は在庫があります。ご希望の方に謹呈致しますので、下記まで郵便番号・名前・住所をご連絡下さい。
ケネディの会

★当ブログはリンクフリーです。ご自由に貼り付けて下さい。
カテゴリ
全体
会報「KENNEDY」
会報バックナンバー
ジョン・F・ケネディ
ジャクリーン・ケネディ
ロバート・F・ケネディ
エドワード・ケネディ
パトリシア・ケネディ
JFKジュニア
キャロライン・ケネディ
パトリック・ケネディ
クリストファー・ケネディ
ケネディ家と公職
スペシャルオリンピックス
ケネディ暗殺
ケネディゆかりの場所
ケネディ大統領慰霊碑
アイルランド
JFKライブラリー
ケネディ文献・資料
テレビ・映画・舞台
映画「ボビー」
映画「稲妻の二年十ヶ月」
ビデオ
宝塚公演「JFK」
記念切手
ケネディゆかりの人々
ソレンセン
デイブ・パワーズ
ヒュー・サイディ
ガルブレイス
國弘正雄
松山幸雄
高市早苗
桃井 真
Ban Ki-Moon
中間選挙
PT109
空母ジョン・F・ケネディ
『勇気ある人々』
沈黙の春
マイスペース
ケネディ関連の音楽
異文化交流
メーリングリスト
リンク紹介
米大統領選挙
会報執筆者
ケネディ騎士団
ハマースミス・ファーム
Sixth Floor Museum
ローリー・ケネディ
ケネディ関連文献紹介(日本語)
CapeCodTimes
その他
マリア・シュライバー
鳩山由紀夫
イーディー・ビール
杉田弘毅
ロバート・マクナマラ
ウォルター・クロンカイト
ファーストドッグ・BO(ボー)
ユーニス・シュライバー
ハイアニス
ポール・B・フェイ
ニューヨークピザトニー
ヴィッキー・ケネディ
平沢淑子
ジョセフ・ケネディⅡ
ジョセフ・P・ケネディⅢ
スチュワート・ユーダル
アナトリー・ドブルイニン
ジョン・ワーネック
ロバート・ケネディJr.
テッド・ケネディJr.
マクスウェル・ケネディ
なだいなだ
細野軍治
堀切友孝
奥菜秀次
ヘレン・トーマス
カラ・ケネディ
品川力
福田久賀男
細野豪志
未分類
検索
以前の記事
最新のトラックバック
ケネディの会のブログで紹..
from Eijipress blog
ゴダイゴCONCERT ..
from 英語に触れる生活
セレブって、どんな人?
from Boochanの宝探し
「グッドナイト&グッドラ..
from 映画と出会う・世界が変わる
これもまたハリウッド映画..
from 万歳!映画パラダイス〜京都ほ..
映画:グッドナイト&グッ..
from 駒吉の日記
新会社法元年・あけまして..
from 「税金まにあ」木村税務会計事..
国が諸君のために何をして..
from グーグーパンダの語る人生の目的
ダラス
from アメリカの都市
鹿砦社・松岡さん拘留理由..
from 旗旗
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

マイスペース「日本語雑誌」追加

マイスペース:JFKに、新しく「ケネディファミリーに関する日本語雑誌」のスライドを作成しました(スライドが動かない時や、画像が現れないときは更新ボタンを押してみて下さい)。

まだ24冊だけですが、順次、追加していきます。
その他のスライドにも、何点か追加しました。

トップフレンド一覧の写真、ケネディファミリーのトップ写真で埋まりましたが、
あとパトリック・ケネディ下院議員、ジョセフ・ケネディ元下院議員、キャスリーン・ケネディ元メリーランド州副知事、ジーン・ケネディ元駐アイルランド米大使、ユーニス・ケネディなどのフレンドを探しています。

会報「KENNEDY」第25号の編集作業は、鹿野さんのゲラ、再校に入っていますが、なんとさらに原稿400字追加。ケネディ大統領、ロックフェラーNY州知事、呉海兵団、PT109、ミッドウェー海戦と内容が多岐にわたっているため、この枚数になったようです。

追記:
今朝(30日)、フレンドのキャロライン・ケネディさんが消えているのに気がつきました。あわてて、ケネディ関連フレンドのページ見てきましたが、どこからも消えていてどうもマイスペを退会したようです。キャロライン・ケネディをHNにしているフレンドは1人しかいなかったので、残念でなりません。何とかキャロラインを探して見つけなくては~。


*画像は、
宝塚雪組公演「JFK」
小池修一郎 作、演出
ケネディ大統領は、一路真輝
ジャッキーは、花總まり

e0022333_1350227.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2007-09-29 13:58 | マイスペース

会報「KENNEDY」第25号について(3)

会報「KENNEDY」第25号の編集作業は、鹿野さんの長編ゲラがようやく出来て、一段落。

これまで会報を24回、ワープロで編集してきて、保存するとき、1タイトルでは容量オーバーになり、2タイトルにわけて保存したのは初めてでした。まだレイアウトはしていませんが、おそらく鹿野さんの原稿(約3万2千字)だけで14~16ページになりそうです。


【会報「KENNEDY」 第25号 目次】  (2007年9月24日現在)

巻頭文:
鹿野淳二(元自治省大臣官房審議官)
「ケネディ生誕90年、逝去44年に想う」

今村 亮
(元トーストマスターズ日本支部副会長(DTM))
「ケネディ大統領の選挙演説」

藤本哲生
(北海道立高校教諭)
「ケネディ家と坂本九をつなぐ町」

この後、さらに2名の方から原稿をいただく予定です。



画像は、ケネディ人形(その1)
(1)揺り椅子のケネディ:
星条旗とPT109の絵と揺り椅子の3点セット(?)がそろっています。

(2)ミニチュアの揺り椅子のケネディ
手が写っていますので、そのサイズがわかると思いますが、小さなものです。
これはシェラトン・ボストン・ホテルの前のお店で購入しました。

e0022333_1319100.jpg


e0022333_14392.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2007-09-24 01:08 | 会報「KENNEDY」

会報「KENNEDY」第25号について(2)

前回、ブログの記事をアップしてから2週間。
新しい記事のアップもせずに一体何をしていたかと言うと、会報「KENNEDY」第25号の巻頭文

鹿野淳二(元自治省大臣官房審議官)
「ケネディ生誕90年、逝去44年に想う」

の入力とその校正作業です。

この巻頭文、長さが半端ではありません。
400字詰め原稿用紙で、80枚。字数で数えると

400字×80枚=32000字

しかも、その途中に付箋で追加文が何箇所かはさまっていたりします。
さらにさらに、この原稿には「ルビ」と「英単語」が大量についていて、これも旧式のワープロでゲラ作成している身には、涙が出るほど細かい作業が必要になってきます。

内容については、鹿野さんがケネディ時代に自治省の役人として奥様と共に留学されたワシントンやニューヨークでの様々な体験を書かれたものです。
そして、ケネディ大統領の思い出のみならず、ロックフェラーNY州知事の昼食会に招待されたときのことや、PT109の話から海兵団の話まで、幅広いエピソードが書かれていて、ケネディ時代の雰囲気が味わえる巻頭文になっているように思われます。

さて、またワープロに向かいます!


*画像は、鹿野淳二さんの原稿の冒頭部分。

e0022333_2129450.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2007-09-16 21:29 | 会報「KENNEDY」

ケネディ本あれこれ(1)

マイスペースのスライドショーで紹介している(スライドショーが動かない時は、更新ボタンをクリックして下さい)

My collection (Ⅰ)
Japanese books on the Kennedy family (No.1~263)

を見ていると同じタイトルの本が出てきます。
この同じタイトルの本にはいろいろなパターンがあります。

(1)出版社が変わって新しく出された本

たとえば、
シオドア・C・ソレンセン著、大前正臣訳『ケネディの道』
は、最初、弘文堂から発行されて、ベストセラーとなった本ですが、その後、長らく絶版となっていました。その弘文堂の編集長として元版の出版を推進した田村勝夫さんがサイマル出版会会長として新しく発行したのが隣りに並んでいるサイマル出版会の本です。
その他に、
B・アドラー編『ケネディのウィット』
(ダイヤモンド社→扶桑社)
ロバート・ケネディ著、毎日新聞外信部訳『ロバート・ケネディ13日間』
(毎日新聞社→中央公論新社)
などもこのタイプです。

(2)単行本が、同じ出版社で新しく文庫本になって発行された本

これはよくあるパターンですね。
ケネディ本にも多いです。
ローズ・F・ケネディ著、大前正臣訳『わが子ケネディ』(徳間書店)
N・ブライ著、桃井健司訳『ケネディ家の悪夢』(扶桑社)
などがこのタイプです。

(3)同じ出版社で改訂版(増補版)や特装版として出版された本

*改訂版タイプ

A・M・シュレジンガー著、中屋健一訳『ケネディ 栄光と苦悩の一千日』
(上、下巻)(河出書房、のち河出書房新社)
これは1966年9月20日に初版発行。1971年11月25日に改訂1版がより大きなサイズで刊行されています。

*特装版タイプ

ジョン・F・ケネディ著、下島連訳『勇気ある人々』とその青少年版
これはのちにケネディブックスとして様々なケネディ本が刊行されたシリーズの1冊ですが、隣りに並んでいるのは「青少年版」です。

中屋健一著『ケネディ -英知と勇気の大統領-』とその特装版
旺文社文庫としてこの本を手に取った人も多いのではと思いますが、これには装丁がよりハードな特装版があります。隣りに並んでいるのがその特装版です。


(4)同じ出版社でカバーや表紙のみ変えて出版された本

たとえば、
黒田和雄訳『ケネディ大統領演説集』(原書房)
には、いろいろな表紙があります。
同じく、
長谷川潔訳注『ケネディ大統領演説集』(南雲堂)
にもさまざまな表紙があるうえに、さらに最近、テープではなく、CDがついたものも出版されました。
また、
ジョン・F・ケネディ著、下島 連訳『英国はなぜ眠ったか』(日本外政学会)
の初版(昭和38年4月28日)の表紙には英国首相ネヴィル・チェンバレンの写真が載っていますが、昭和41年4月10日の第4版ではケネディの写真に変わっています。スライドショーでご覧下さい。

このようにカバーや表紙だけを変えて発行することも多く、できるだけ多くのカバーや表紙を蒐集して展示したいと思っています。

以上、厳密に言えば版型の違うものやページ数の違うものなど、さらに詳しく分類すべきでしょうが、大雑把に4つのパターンに分類してみました。


*画像は、
ルース・モンゴメリイ、坂入香子訳
『ケネディ暗殺を予言した女 水晶の中の未来』
ハヤカワ・ライブラリ  早川書房 1966年10月31日 新書版 194頁

e0022333_11381893.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2007-09-02 11:43 | マイスペース

異文化交流 Forum in 三角西港準備委員会からのお知らせ

ケネディ大統領の

“Ask not what your country can do for you,ask what you can do for your
country”(国に何かを求めるのではなく、国民が国に何が出来るかを問うてください)

を地域振興の合言葉として、小泉八雲(小泉八雲記念館(松江市))ゆかりの地熊本県宇城市三角西港の文化や芸術への関心を高める活動をされている異文化交流 Forum in 三角西港準備委員会の緒方さんから、下記のツアーのお知らせがありましたのでご紹介いたします。

関心のある方は直接、緒方さんまでご連絡下さい。ツアーの受付は、9月7日(金)までになっています。


【明治の香り漂う三角西港とフラワーアイランドを見学】

日時:2007年9月9日(日)
集合時間:午前8時~8時30分
参加者:15名
集合場所:福岡市天神
参加費:一万円(往復交通費、食費、入園料、保険など込み)以内の予定

福岡発(8時30分)→大宰府IC→北熊本SA→御船IC→宇土→三角西港(築港公園)→道の駅不知火(昼食)→戸馳島・フラワーアイランド→松橋IC→北熊本SA→大宰府IC→福岡着(17時頃)

異文化交流 Forum in 三角西港準備委員会
電話 092-739-2263 FAX 092-739-1125
     (Staff・おがた)
〒810-0041 福岡市中央区大名2丁目9-29-1101


*画像左は、小泉八雲「夏の日の夢」の舞台である浦島屋(熊本県宇城市三角西港)。
  画像右は、その浦島屋に展示されている緒方さんが描いた「小泉八雲-1」。なお、「小泉八雲ー2」は、小泉八雲のひ孫である小泉凡氏に寄贈されたそうです。

e0022333_13321272.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2007-09-01 13:35 | 異文化交流