excitemusic

ケネディ大統領、ケネディファミリー及びその周辺についてのケネディマニア日記です。
by Kennedy-Society
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
メモ帳
★ケネディの会会報
「KENNEDY」
のバックナンバー
「第20号:ケネディ暗殺40年特集号」
「第24号:ケネディ生誕90年記念号」
の2冊は在庫があります。ご希望の方に謹呈致しますので、下記まで郵便番号・名前・住所をご連絡下さい。
ケネディの会

★当ブログはリンクフリーです。ご自由に貼り付けて下さい。
カテゴリ
全体
会報「KENNEDY」
会報バックナンバー
ジョン・F・ケネディ
ジャクリーン・ケネディ
ロバート・F・ケネディ
エドワード・ケネディ
パトリシア・ケネディ
JFKジュニア
キャロライン・ケネディ
パトリック・ケネディ
クリストファー・ケネディ
ケネディ家と公職
スペシャルオリンピックス
ケネディ暗殺
ケネディゆかりの場所
ケネディ大統領慰霊碑
アイルランド
JFKライブラリー
ケネディ文献・資料
テレビ・映画・舞台
映画「ボビー」
映画「稲妻の二年十ヶ月」
ビデオ
宝塚公演「JFK」
記念切手
ケネディゆかりの人々
ソレンセン
デイブ・パワーズ
ヒュー・サイディ
ガルブレイス
國弘正雄
松山幸雄
高市早苗
桃井 真
Ban Ki-Moon
中間選挙
PT109
空母ジョン・F・ケネディ
『勇気ある人々』
沈黙の春
マイスペース
ケネディ関連の音楽
異文化交流
メーリングリスト
リンク紹介
米大統領選挙
会報執筆者
ケネディ騎士団
ハマースミス・ファーム
Sixth Floor Museum
ローリー・ケネディ
ケネディ関連文献紹介(日本語)
CapeCodTimes
その他
マリア・シュライバー
鳩山由紀夫
イーディー・ビール
杉田弘毅
ロバート・マクナマラ
ウォルター・クロンカイト
ファーストドッグ・BO(ボー)
ユーニス・シュライバー
ハイアニス
ポール・B・フェイ
ニューヨークピザトニー
ヴィッキー・ケネディ
平沢淑子
ジョセフ・ケネディⅡ
ジョセフ・P・ケネディⅢ
スチュワート・ユーダル
アナトリー・ドブルイニン
ジョン・ワーネック
ロバート・ケネディJr.
テッド・ケネディJr.
マクスウェル・ケネディ
なだいなだ
細野軍治
堀切友孝
奥菜秀次
ヘレン・トーマス
カラ・ケネディ
品川力
福田久賀男
細野豪志
未分類
検索
以前の記事
最新のトラックバック
ケネディの会のブログで紹..
from Eijipress blog
ゴダイゴCONCERT ..
from 英語に触れる生活
セレブって、どんな人?
from Boochanの宝探し
「グッドナイト&グッドラ..
from 映画と出会う・世界が変わる
これもまたハリウッド映画..
from 万歳!映画パラダイス〜京都ほ..
映画:グッドナイト&グッ..
from 駒吉の日記
新会社法元年・あけまして..
from 「税金まにあ」木村税務会計事..
国が諸君のために何をして..
from グーグーパンダの語る人生の目的
ダラス
from アメリカの都市
鹿砦社・松岡さん拘留理由..
from 旗旗
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

映画「ボビー」ノベライズ(単行本)

『BOBBY ボビー 悲劇のケネディ兄弟!! ジョンに続きボビーも撃たれた』
グレッグ・デール、古閉万希子共著
講談社 2007年2月23日 189頁 1200円(税別)

2月24日から全国でロードショー公開された映画「ボビー」をもとに書き下ろしたノベライズ作品である。映画「13デイズ」のノベライズは文庫本であったが、これは単行本。
内容は以下の通り。

小説「ボビー」(11~153頁)
資料編(4~187頁)
   ロバート・F・ケネディ プロフィール
   大統領選挙立候補宣言
   当時の新聞報道から①
   TIME LINE 1968/1-6
    アメリカ。そして世界で何があったか
   ロバート・ケネディ候補は競り勝っていた―選挙結果
   当時の新聞報道から②
    当時の新聞が伝えた襲撃の瞬間
    そして25時間後、ついに死去
    世界に拡がったボビーの死の衝撃
   TIME LINE 1968/7-2007.2
    ボビーなきアメリカはどうなったのか
   ANOTHER TIME LINE
    もしボビーが生きていたら   石澤靖治
   特別寄稿
    ボビー暗殺39年目の“真実” グレン・デイビス 訳 デイビス直子
あとがき(188~189頁)       古閉万希子
    

小説部分については、映画のノベライズということで、読んでいると「ボビー」のいろいろな場面が思い浮かんでくる。映画の最後に流れるロバート・F・ケネディの演説は心に残るものであったが、こうしてあらためて活字で読むとこの演説は、今、世界各地で起きている紛争・戦争に対するメッセージにもなっており、優れて現代的な演説であることがよくわかる。歴史の審判に耐える演説とは、こういう演説のことを言うのだろう。

資料偏は、短いものだが、暗殺当時のアメリカや日本の新聞記事の紹介、さらにはボビーが生きていたらという話やグレン・デイビスの特別寄稿もあり、興味深い。

コンパクトだが、本書は映画「ボビー」を見る上で大変役立つ本であると思う。


e0022333_245983.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2007-02-28 02:47 | 映画「ボビー」

映画「ボビー」いよいよ公開!

2月24日。

映画「ボビー」が全国で公開されました。ぜひお近くの劇場にお出かけ下さい。
劇場情報はこちらです↓

映画「ボビー」上映劇場情報

なお、下記のサイトで、本編冒頭16分44秒(ノーカット)と予告編1分2秒を見ることができます。(期限:2月26日10時まで)

2月26日10時を過ぎたため、予告編のみ視聴可能となっています。やはり、ここは劇場へ行くしかありませ~ん!

biglobeストリーム

e0022333_15193785.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2007-02-24 15:20 | 映画「ボビー」

いよいよ明日公開!

いよいよ明日から映画「ボビー」が公開となります!

テレビCMが、ユーチューブにアップされています。15秒スポット。

2月24日公開「ボビー」TVCM

また、今夜は公開を記念した前夜祭オールナイト上映がTOHOシネマズ六本木ヒルズにおいて、開催されます。

日時■2/23  24:00~/26:45~
場所■TOHOシネマズ六本木ヒルズ 


なお、今日から明日にかけてさまざまな媒体で宣伝活動が行われます。
映画『ボビー』オフィシャルブログより、転載させていただきました。


【2月23日(金)】
●テレビ
Oha4(NTV)、やじうまプラス(EX)、めざましテレビ(CX)
●ラジオ
東京エンタメSt(T‐FM)
●雑誌
Cancam、SPUR、Maquia、JUNON、マリクレール、Ray、Spring、ファミ通
●新聞
読売新聞、毎日新聞(予定)、東京新聞、産経新聞、日経新聞(予定)、
ジャパンタイムス、ヘラルド朝日、東京中日スポーツ

【2月24日(土)】
●テレビ
王様のブランチ(TBS)
●雑誌
SAFARI1P、テレパルF、TVNAVI、月刊ザテレビジョン、TVTARO、BSfan


上映劇場情報はこちらでチェックしてください。

映画『ボビー』上映劇場

e0022333_11133796.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2007-02-23 11:21 | 映画「ボビー」

朝日新聞全面カラー広告

2月21日(水)の朝日新聞夕刊に映画「ボビー」の全面カラー広告が掲載されました。

各界の著名人のこの映画へのコメント部分を紹介します。


みのもんた(司会者)
我々人間は、一体いつまで愚かな行為を繰り返し続けるのか。ボビーは我々に人類の未来を暗示させてくれる。

ピーター・バラカン(ブロードキャスター)
1968年・運命の日に居合わせた人たちの物語から、ボビーがなぜアメリカを魅了したかがよく分かります。彼が訴えていたメッセージは今なお感動的です。

有田芳生(ジャーナリスト)
ラスト15分間の激流ほとばしるような展開に目を瞠った。もしボビーが大統領になっていれば世界史は相当違った道行きを歩んだことだろう。どこにでもある人生群像の向こうに「もうひとつの歴史」が垣間見れる。

中井美穂(アナウンサー)
JFKの弟、ボビー・ケネディの演説を初めて聞きました。その時代、彼がいたことの意味を強く感じました。ボビーが大統領になっていたかもしれないアメリカと、今のアメリカとを考えずにはいられません。

猪瀬直樹(作家)
砕け散る浪の向こうに富士山をくっきりと捉えた北斎のように、ロバート・F・ケネディの暗殺という一瞬にすべてを収斂させる演出は見事だ。

デーブ・スペクター(テレビプロデューサー)
色々思い出して、素晴らしいリーダーが消されてしまたことに怒りを覚えました。あれだけ親しまれたロバート・F・ケネディというリーダーがいた素晴らしさ、今でも通じるスピーチ。あの時代に必要とされた偉大な人であり、当時を知らない人にも必要とされる人であることを再認識した。


e0022333_10475092.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2007-02-22 10:48 | 映画「ボビー」

ケネディ大統領暗殺90秒前の映像

ケネディ大統領が暗殺される90秒前の姿をとらえた未発表映像が、テキサス州ダラスにあるThe Sixth Floor Museumからインターネット上で公開された。

これは地元のカメラマンGeorge Jefferies氏が撮影した8ミリのカラーフィルムで、40年間以上、Jefferies氏の自宅に保存されていたが、今回、The Sixth Floor Museumに寄贈されて、公開の運びとなったものである。

映像に音声は入っていないが、オープンカーから沿道の群衆に手を振るケネディ大統領夫妻の姿が鮮明に写っている。The Sixth Floor Museum関係者によれば「ジャクリーン夫人の当日の映像としては、最も鮮明なもの」とのことである。

映像は下記のThe Sixth Floor Museumのサイトでご覧下さい。

The Sixth Floor Museum

e0022333_21274697.gif

[PR]
by kennedy-society | 2007-02-20 21:28 | ケネディ暗殺

映画「ボビー」TVCM、新聞広告、ユーチューブ

映画「ボビー」公開まであとわずかとなり、各種媒体での宣伝活動も活発になってきました。

2月17日深夜、午前0時半過ぎ、TBS「スーパーサッカー」の放送を見終わってぼ~っとしていたら「世界が変わった・・・」とかいうフレーズが聞こえてきて、はっとして画面を見ると、な、な、なんと

映画「ボビー」のTVCM!!!!!!!!

ではあ~りませんか。でも一瞬だったので録画できず、残念。
ユーチューブで探してもさすがにまだTVCMはアップされておらず、変わりに日本版予告編がアップされていました。

日本版予告編

なお、ムービーアイのTさんから
「2月21日(水)の朝日新聞の夕刊に15段カラーで広告が入ります!
こちらもインパクトがありますので、是非、ご覧下さいませ」
というご連絡をいただきました。

ファンのみなさん、2月21日(水)朝日新聞夕刊のチェック、忘れずにお願いします。

画像は、
2月16日(金)の朝日新聞夕刊、文化芸能欄下段より。


e0022333_1405590.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2007-02-18 14:02 | 映画「ボビー」

観たい映画投票

現在、Yahoo!映画にて、24日(土)公開映画の人気投票が行われ『ボビー』もノミネートされています!

ぜひ、ブログをご覧の皆様も『ボビー』に一票、よろしくお願いしま~す!

Yahoo!映画→右下:24日(土)公開の見たい映画から投票!

2月14日午後3時現在:1129票で、第2位にランクされています。
2月15日午前0時50分現在:1311票で第3位。ありゃ~第2位と88票差です。応援の清き1票をぜひお願いします。
2月16日午後3時43分現在:1843票で第3位。うむ。第2位と69票差です。差が詰まってきました。あとひと頑張りしませう。
2月17日午後11時44分現在:2481票で第3位。トップスリー、キープしています。
えらいぞ、ボビー!がんばろう!!

*画像は2月14日発売の「ボビー」サウンドトラック♪


e0022333_1534466.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2007-02-14 15:00 | 映画「ボビー」

サウンドトラック、ノベライズ、ボビーカレンダー

映画「ボビー」の公開(2月24日)が迫ってきました。

映画の公開に合わせて、サウンドトラックとノベライズが発売されます。

【サウンドトラック】

主題歌「Never gonna Break My Faith」他全15曲収録
<収録楽曲>
1. 寛大で思いやり深い国(RFKの勝利のスピーチ)
2. ネヴァー・ゴナ・ブレイク・マイ・フェイス
(アレサ・フランクリン&メアリー・J.ブライジ)
3. トラックス・オブ・マイ・ティアーズ(スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズ)
4. カム・シー・アバウト・ミー(シュープリームス)
5. ファンクション・アット・ザ・ジャンクション(ショーティ・ロング)
6. グレイジング・イン・ザ・グラス(ヒュー・マセケラ)
7. 愛するあの娘に(スティーヴィー・ワンダー)
8. 永遠の昼下がり(ムーディー・ブルース)
9. ブラック・イズ・ブラック(.ロス・ブラボーズ)
10. エイント・ザット・ペキュリア(マーヴィン・ゲイ)
11. ベイビー・アイ・ラヴ・ユー(アレサ・フランクリン)
12. ルイ、ルイ(デミ・ムーア)
13. ノー・ワン・レフト・バット・ボビー(マーク・アイシャム)
14. サウンド・オブ・サイレンス(サイモン&ガーファンクル)
15. 心無い暴力の脅威(マーク・アイシャム)~RFKのスピーチ

ユニバーサル インターナショナル 2007年2月14日発行 2500円(税込)

一部の曲はこちらで聞けます。


【ノベライズ(映画の小説化)】

『ボビー ノベライズ ボビー暗殺39年目の真実』
講談社 2007年2月23日発行 1260円(税込み)


【映画の前売り券】

全国で前売券が発売中ですが、上映予定の各TOHOシネマズで購入すると『ボビー』プレミアム2007カレンダー(画像は組み立て後)がプレゼントされます。
一般1500円。お早めにどうぞ!


e0022333_1246383.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2007-02-11 12:55 | 映画「ボビー」