excitemusic

ケネディ大統領、ケネディファミリー及びその周辺についてのケネディマニア日記です。
by Kennedy-Society
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メモ帳
★ケネディの会会報
「KENNEDY」
のバックナンバー
「第20号:ケネディ暗殺40年特集号」
「第24号:ケネディ生誕90年記念号」
の2冊は在庫があります。ご希望の方に謹呈致しますので、下記まで郵便番号・名前・住所をご連絡下さい。
ケネディの会

★当ブログはリンクフリーです。ご自由に貼り付けて下さい。
カテゴリ
全体
会報「KENNEDY」
会報バックナンバー
ジョン・F・ケネディ
ジャクリーン・ケネディ
ロバート・F・ケネディ
エドワード・ケネディ
パトリシア・ケネディ
JFKジュニア
キャロライン・ケネディ
パトリック・ケネディ
クリストファー・ケネディ
ケネディ家と公職
スペシャルオリンピックス
ケネディ暗殺
ケネディゆかりの場所
ケネディ大統領慰霊碑
アイルランド
JFKライブラリー
ケネディ文献・資料
テレビ・映画・舞台
映画「ボビー」
映画「稲妻の二年十ヶ月」
ビデオ
宝塚公演「JFK」
記念切手
ケネディゆかりの人々
ソレンセン
デイブ・パワーズ
ヒュー・サイディ
ガルブレイス
國弘正雄
松山幸雄
高市早苗
桃井 真
Ban Ki-Moon
中間選挙
PT109
空母ジョン・F・ケネディ
『勇気ある人々』
沈黙の春
マイスペース
ケネディ関連の音楽
異文化交流
メーリングリスト
リンク紹介
米大統領選挙
会報執筆者
ケネディ騎士団
ハマースミス・ファーム
Sixth Floor Museum
ローリー・ケネディ
ケネディ関連文献紹介(日本語)
CapeCodTimes
その他
マリア・シュライバー
鳩山由紀夫
イーディー・ビール
杉田弘毅
ロバート・マクナマラ
ウォルター・クロンカイト
ファーストドッグ・BO(ボー)
ユーニス・シュライバー
ハイアニス
ポール・B・フェイ
ニューヨークピザトニー
ヴィッキー・ケネディ
平沢淑子
ジョセフ・ケネディⅡ
ジョセフ・P・ケネディⅢ
スチュワート・ユーダル
アナトリー・ドブルイニン
ジョン・ワーネック
ロバート・ケネディJr.
テッド・ケネディJr.
マクスウェル・ケネディ
なだいなだ
細野軍治
堀切友孝
奥菜秀次
ヘレン・トーマス
カラ・ケネディ
品川力
福田久賀男
細野豪志
未分類
検索
以前の記事
最新のトラックバック
ケネディの会のブログで紹..
from Eijipress blog
ゴダイゴCONCERT ..
from 英語に触れる生活
セレブって、どんな人?
from Boochanの宝探し
「グッドナイト&グッドラ..
from 映画と出会う・世界が変わる
これもまたハリウッド映画..
from 万歳!映画パラダイス〜京都ほ..
映画:グッドナイト&グッ..
from 駒吉の日記
新会社法元年・あけまして..
from 「税金まにあ」木村税務会計事..
国が諸君のために何をして..
from グーグーパンダの語る人生の目的
ダラス
from アメリカの都市
鹿砦社・松岡さん拘留理由..
from 旗旗
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

映画「ボビー」関連記事(1)

シカゴ在住の江馬さんから、シカゴ・トリビューン紙(2006年11月30日)に掲載された映画「ボビー」関連記事を要約した手紙を送っていただきましたので、ご紹介いたします。

「‘Bobby’misses haunting stories」
(by Cory Franklin)

今回の映画では、創作上の人物たちのあの日の体験が描かれていますが、事実は小説より奇なり、実際にあの場所にいた人たちの体験です。

*ローズマリー・クルーニーさん
ジョージ・クルーニーさんの叔母さんとして一番知られていますが、もちろん元は有名な歌手。民主党、そしてボビーのサポーターとして力が入っていたそうです。あの日も、ボビーが撃たれた時、ボビーのそばにいらっしゃったそうで、後々までそれがトラウマになっていたそうです。このトラウマが原因で、精神科に入院したこともあったとか。2002年没。

*ジョン・フランケンハイマーさん
映画監督(「Birdman of Alcatraz」や「影なき狙撃者/失われた時を求めて(The Manchurian Candidate)」等)。若く有望な監督として注目を浴びていたそうですが、その監督としての腕を活かして、友人ボビーの選挙運動のコマーシャルを演出したそうです。
当日は、フランケンハイマーさんが運転して、ボビーをアンバサダーホテルまで連れて行ったそうで、そのことをずっと悔やんでいたとのこと。その後は監督業を廃業し、ヨーロッパに移住。10年以上のちにアメリカに戻り、TV映画を何本か製作したそうです。
クルーニーさんとほんの数日違いで、2002年に没。

*ボビー・ダーリンさん
ビートルズ以前のロックン・ロールのスター、ボビー・ダーリンさんです(ヒット曲「Mack
the Knife」「Beyond the Sea」など)。
歌だけではなく演技も達者で、アカデミー賞にノミネートされたこともあったそうです。サンドラ・ディさんと結婚。ベトナム戦争の時に、反戦活動に入り、その後ボビーを支持。ボビーと実際に会ったのは、ボビーが亡くなる10日前だったそうですが、ボビーのことが相当ショックだったらしく、ボビーの葬儀に出席し、葬儀の後も長らくその場を動かなかったとか。
その後、芸能生活をほぼ停止し、トレーラーに住んでいたことも。晩年に芸能界に復帰したそうですが、もはやスターではなく、前座の歌手だったとか。1973年没。

*フレッド・ダットンさん
民主党の有能な戦術家。ジョン・F・ケネディの大統領選挙(1960年)、パット・ブラウンのカルフォルニア州知事選挙(1962年、リチャード・ニクソンを破った選挙)、リンドン・B・ジョンソンの大統領選挙(1964年)などで活躍。1968年にはボビーの選挙運動のマネージャーになったそうです。
ダットンさんは、ボビーを運ぶ救急車に同乗したそうで、10年後のインタビューで「ボビーが撃たれたとき、私も終わりました」と語ったそうです。故人。

1930年代、40年代に栄えたアンバサダーホテル。
あのボビーの事件が終焉の始まりだったようです。アンバサダーホテルは、ひとつの突然の死と、多くの長く辛い死の舞台となった、とマリリン・ジョンソンさん(『The Dead Beat』というボビー暗殺本の著者)の言葉です。

e0022333_20373960.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2006-12-28 20:39 | 映画「ボビー」

映画「ボビー」

映画「Bobby」の日本での公開が決まりました。

『1968年6月5日。
アメリカ国民の希望、ロバート・F・ケネディ=ボビーが暗殺者の凶弾に倒れる16時間前、ロサンジェルスのアンバサダー・ホテルには、様々な人種、年齢、階層、境遇に属する22人がいた。

それぞれの時が交錯しながら時間は流れていく。
だが、誰一人として、これから起きる事件を知る由もなかった。60年代のヒットソングを背景に、アメリカ社会を22人の目で描き出す、豪華キャスト勢揃いの今まで語られなかった衝撃のドラマ』

監督       エミリオ・エステベス
製作総指揮  アンソニー・ホプキンス他
脚本       エミリオ・エステベス
音楽       マーク・アイシャム
撮影       マイケル・バレット
編集       リチャード・チュー
配給       MGM、The Weinstein Company (アメリカ)
          ムービーアイ (日本)
公開       2006年9月5日(ヴェネチア国際映画祭)
          2006年11月17日 (アメリカ)
          2007年2月24日 (日本)
上映時間     120分
製作国      アメリカ
言語        英語/スペイン語

【キャスト】
アンソニー・ホプキンス(『ハンニバル』)
デミ・ムーア(『ゴースト』)
シャロン・ストーン(『氷の微笑』)
ヘレン・ハント(『恋愛小説家』)
イライジャ・ウッド(『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ)
ローレンス・フィッシュバーン(『マトリックス』シリーズ)
ウィリアム・H・メイシー(『シービスケット』)
クリスチャン・スレーター(『トゥルー・ロマンス』)
リンジー・ローハン(『ミーン・ガールズ』)
ヘザー・グラハム(『フロム・ヘル』)
アシュトン・カッチャー(『バタフライ・エフェクト』)


公式サイトも出来て、都内ではすでに試写会も始まりました。
1月の試写会を見に行く予定です。

公式サイト:
アメリカ
日本

e0022333_21185731.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2006-12-26 11:18 | 映画「ボビー」

ビデオ『世界を動かした人々 J・F・ケネディ』

『VIDEO GRAPHY 世界を動かした人々
JOHN F.KENNEDY J.F.ケネディ』

発売元:ヒューマックスピクチャーズ、GAGA(株)ギャガ・コミュニーケーションズ
日本語吹替版(ナレーター=城 達也)
スタンダード・サイズ/モノクロ/52min/MONO-HiFi/VHS
RENTAL ONLY

“アメリカの良心”JFKの生涯が今、明かされる!

1963年11月22日、一発の銃弾がアメリカの歴史を変えた。
ジョン・F・ケネディ。政界に颯爽と現れたこの若くハンサムな大統領は、現在も人類のスピリットと勇気の象徴とされている。
このビデオは、自らの時代の伝説となった彼の素顔に迫る貴重なドキュメンタリーである。
ジョンは裕福なケネディ名門の家の息子として、若いときから運命の手を肩に感じていた。彼は大統領になるべくして生まれたのだ。新しい世代の政治力をものにして大統領になった彼を、国民は英雄として熱烈に歓迎した。人類の権利の為に勇気をもって闘う男。しかし、その一方で彼は単なる子煩悩な父親であり、またその妻は、政治の世界に魅惑的な新しいスタイルをもたらしていった。
そして、二人は悲劇的なダラスへの運命の旅路を迎えることになる・・・・・・。
ドキュメンタリーは、ケネディの次の言葉で幕を閉じる。
“もし誰かが私の命を欲しがったら、その人は私の命を手に入れるでしょう。誰にもそれを止めることはできません。”―ジョン・F・ケネディ


【感想】
内容はどこかで見たことのある映像が多く、お、これは~という珍しいものはないが、何と言ってもナレーターの城 達也が素晴らしい。

日本航空提供の人気ラジオ音楽番組「ジェットストリーム」で一世を風靡したあの渋い声でケネディの生涯が語られるが、その落ち着いた語り口が、白黒フィルムによく似合っているビデオです。

なお本ビデオはレンタル専用で一般販売はされなかったようであり、発行年月日も不明。
詳しいことをご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示いただけたら、幸いです。


e0022333_1520578.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2006-12-14 15:21 | ビデオ

11月22日テキサス州ダラス(2)

ケネディ大統領の暗殺から43周年を迎えた11月22日、ジョン・レノンが反戦歌「イマジン」を作曲するのに使用したピアノが、平和のメッセージとしてテキサス州ダラス・デーリープラザのケネディ暗殺現場に置かれました。

このピアノは英国のポップスターであるジョージ・マイケル氏と、彼のパートナーであるケニー・ゴス氏がアメリカに持ち込んだもので、マイケル氏は2000年の競売で145万ポンド(約3億2000万円)で落札したものだそうです。

詳しくは下記のサイトをご覧下さい。

asahi.com

ジョン・レノンの「イマジン

情報を提供してくれたTOMMYさん、ありがとうございました。
e0022333_214917100.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2006-12-09 21:51 | ケネディ暗殺