excitemusic

ケネディ大統領、ケネディファミリー及びその周辺についてのケネディマニア日記です。
by Kennedy-Society
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
★ケネディの会会報
「KENNEDY」
のバックナンバー
「第20号:ケネディ暗殺40年特集号」
「第24号:ケネディ生誕90年記念号」
の2冊は在庫があります。ご希望の方に謹呈致しますので、下記まで郵便番号・名前・住所をご連絡下さい。
ケネディの会

★当ブログはリンクフリーです。ご自由に貼り付けて下さい。
カテゴリ
全体
会報「KENNEDY」
会報バックナンバー
ジョン・F・ケネディ
ジャクリーン・ケネディ
ロバート・F・ケネディ
エドワード・ケネディ
パトリシア・ケネディ
JFKジュニア
キャロライン・ケネディ
パトリック・ケネディ
クリストファー・ケネディ
ケネディ家と公職
スペシャルオリンピックス
ケネディ暗殺
ケネディゆかりの場所
ケネディ大統領慰霊碑
アイルランド
JFKライブラリー
ケネディ文献・資料
テレビ・映画・舞台
映画「ボビー」
映画「稲妻の二年十ヶ月」
ビデオ
宝塚公演「JFK」
記念切手
ケネディゆかりの人々
ソレンセン
デイブ・パワーズ
ヒュー・サイディ
ガルブレイス
國弘正雄
松山幸雄
高市早苗
桃井 真
Ban Ki-Moon
中間選挙
PT109
空母ジョン・F・ケネディ
『勇気ある人々』
沈黙の春
マイスペース
ケネディ関連の音楽
異文化交流
メーリングリスト
リンク紹介
米大統領選挙
会報執筆者
ケネディ騎士団
ハマースミス・ファーム
Sixth Floor Museum
ローリー・ケネディ
ケネディ関連文献紹介(日本語)
CapeCodTimes
その他
マリア・シュライバー
鳩山由紀夫
イーディー・ビール
杉田弘毅
ロバート・マクナマラ
ウォルター・クロンカイト
ファーストドッグ・BO(ボー)
ユーニス・シュライバー
ハイアニス
ポール・B・フェイ
ニューヨークピザトニー
ヴィッキー・ケネディ
平沢淑子
ジョセフ・ケネディⅡ
ジョセフ・P・ケネディⅢ
スチュワート・ユーダル
アナトリー・ドブルイニン
ジョン・ワーネック
ロバート・ケネディJr.
テッド・ケネディJr.
マクスウェル・ケネディ
なだいなだ
細野軍治
堀切友孝
奥菜秀次
ヘレン・トーマス
カラ・ケネディ
品川力
福田久賀男
細野豪志
未分類
検索
以前の記事
最新のトラックバック
ケネディの会のブログで紹..
from Eijipress blog
ゴダイゴCONCERT ..
from 英語に触れる生活
セレブって、どんな人?
from Boochanの宝探し
「グッドナイト&グッドラ..
from 映画と出会う・世界が変わる
これもまたハリウッド映画..
from 万歳!映画パラダイス〜京都ほ..
映画:グッドナイト&グッ..
from 駒吉の日記
新会社法元年・あけまして..
from 「税金まにあ」木村税務会計事..
国が諸君のために何をして..
from グーグーパンダの語る人生の目的
ダラス
from アメリカの都市
鹿砦社・松岡さん拘留理由..
from 旗旗
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ケネディ大統領慰霊碑(米軍横田基地)

米軍横田基地に、ケネディ大統領慰霊碑があると知ったのは、1995年の夏であった。

すぐに横田基地広報部に「ケネディの会の松村と申しますが、ケネディ大統領慰霊碑を見学したい」という問い合わせを出した。すると7月22、23日に横田基地友好祭が開かれるので、その時来場して見学して下さいと、慰霊碑の場所などを示した地図などが送られてきた。

当日、カメラなど準備万端整えて、友好祭に入場して、慰霊碑のある場所に向かおうとしたら警備の係員に「そちらは立ち入り禁止です」と言われて、止められてしまった。警備の係員に手紙を見せて説明したが「規則ですので、駄目です」とまったくとりつくしまもない。

仕方がないので、帰宅してすぐに基地広報部にこの間の事情を説明したFAXを送ると、黒田千絵さんという日本人広報の方から連絡があり、後日、基地のケネディ大統領慰霊碑にご案内しますということで、あらためて基地へ出向くことになった。

その日、横田基地のゲートに行くと、黒田さんとももうひとりの男性従業員の方が待っていてくれて「まず、基地内をご案内します」といって、車で基地の施設を案内してくれた。当時、まだFENといっていた現在のAFN(在日米軍放送)の建物や兵隊、将校用の住宅、滑走路などを案内してくれたあと、ケネディ大統領慰霊碑に連れて行っていただいた。

そこは、すぐそばにF86セーバー戦闘機なども展示されている第5ゲート近くのロータリーの一角であった。写真のような日本のお墓のような区画に立派な黒御影石で出来たケネディ大統領慰霊碑が立っていた。

慰霊碑の表側には
「ケネディ大統領慰霊碑   IN MEMORY OF JOHN F.KENNEDY  1917ー1963
35TH PRESIDENT   UNITED STATES OF AMERICA」

慰霊碑の裏側には
「昭和38年12月 横田基地日本人従業員一同建立  ERECTED BY JAPANESE
EMPLOYEES  Yokota A.B.   Dec 1963 (拝島石材店)」

という刻印がされていた。

これはケネディ暗殺事件を聞いた横田基地の日本人従業員が寄金を出し合って、暗殺から約1ヶ月という短時日のうちに、基地内に建立したものであった。

その翌年1月にはロバート・ケネディ司法長官が来日、横田基地で挨拶をしたが、その際、このケネディ大統領慰霊碑を建立した基地の日本人従業員に厚く御礼の言葉を述べ、沢田さんという従業員にはネクタイピンをプレゼントしたという。

いつかこのケネディ大統領慰霊碑についてはもっと詳しいことを調べて、このブログで紹介したいと思っている。

関連サイト:
横田基地オフィシャルサイト
素顔の横田基地
e0022333_1621116.jpg

[PR]
by Kennedy-Society | 2006-06-25 15:58 | ケネディ大統領慰霊碑

パトリック・ケネディ下院議員

パトリック・ケネディ下院議員は、6月13日、ワシントンの裁判所において、処方薬の影響の下で車を運転して事故を起こした罪を認め、裁判所の命じる治療を受けることと1年間の保護観察処分の判決が下された(APニュース)。

間違いは誰にもあるもの。その間違いに対してどのように対処するかで、その人間の評価も定まると思うので、パトリック・ケネディ下院議員が今回素直に罪を認め、新しく生まれ変わって与えられた仕事に全力を尽くすことになったのは、うれしい。

パトリック・ケネディ下院議員は若くして公職に就き、ケネディファミリーの一員としてこれまでさまざまなプレッシャーもあったと思うが、今回の事件を教訓に、一人の人間としても恥ずかしくない生き方を目指して欲しいと思う。

e0022333_1323754.jpg

[PR]
by Kennedy-Society | 2006-06-15 13:03 | パトリック・ケネディ

JFKLibrary所蔵全文献・映像ネット公開へ

アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンにあるJFKライブラリーでは、6月9日、所蔵する全文献や映像を電子化して、ネット上で公開する計画を発表した。

これは、アメリカに11ある大統領ライブラリーでは初めての試みである。

米国とソ連が核戦争の瀬戸際までいったキューバ・ミサイル危機に直面、世界初の有人月探査計画を発表、任期中にダラスで暗殺されるなど、激動の人生を送ったケネディ大統領の記録が、このネット上への公開により世界中でいつでも閲覧可能になる。
 
なお、すべての作業完了には10年以上かかる見込みで、今回の電子化計画では、アメリカ企業の提供する機器を使った電子化作業を公文書関係から始める予定となっている。

JFKライブラリーは、ケネディ大統領関連の公文書や直筆文書約840万ページ、写真約40万点、録音テープ約9000時間分、ビデオ約1200時間分などを所蔵している。
  
e0022333_15221811.jpg

[PR]
by Kennedy-Society | 2006-06-10 15:25 | JFKライブラリー

新刊案内

マイケル・C・パイパー著、太田 龍監訳
『ケネディとユダヤの秘密戦争 JFK暗殺の最終審判』
成甲書房、380頁、2006年5月1日
ISBN4-88086-197-9

「JFKがイスラエルの核兵器開発を中止させようと固く決意していたため、イスラエルの国家情報機関モサドがケネディ暗殺計画に深く関与していた」
すなわち
「モサドが、CIAとランスキーの犯罪シンジケートとともに、ジョン・F・ケネディ暗殺に中心的な役割を果たした」
とする本である。

この理論ゆえに、これまで主張されたさまざまなケネディ暗殺真犯人説(ジョンソン、ニクソン、CIA、マフィア、キューバ、ソ連等々)はすべて、このイスラエル真犯人説をカムフラージュするために作られたものであるという。

私にはその真偽を判定する能力はないので、本書を読まれた方の判断にお任せします。
e0022333_12344454.jpg

[PR]
by Kennedy-Society | 2006-06-07 12:35 | ケネディ文献・資料

Dear Jackie

「Dear Jackieージャクリーン・ケネディ写真展」に行ってきました。

小田急代々木八幡駅を降りて踏切を渡ると、左手のビルの一階のガラス越しに、もうジャッキーが見えてきます。

会場はお洒落なギャラリー。
右手の展示スペースの壁には、ジャッキーの写真が一杯。部屋の真ん中に置かれたテーブルにはジャッキー関連の本や、ケネディ夫妻の絵が描かれたプレート、ケネディ大統領の胸像なども置かれていました。

左手の展示スペースの右半分の壁にもジャッキーの写真が飾られていて、またスライド式引き出しで、即売されている別の写真も見ることができます。

もちろん展示されている写真はすべて即売されていますが、値段は写真のみで1万円~2万円台、額装付きで2万円~3万円台が多かったです。

私の家蔵している写真集で見たことのあるものが多かったので、買うのはやめて見るだけにしておきましたが、ジャッキーとジュニアとキャロライン3人が写ったものだけは、一瞬、買おうかなと迷いました。でも結局、買わないで、画像の無料のカードだけもらって帰ってきました。

ジャッキーひとりで写ったもの、ロバート・F・ケネディと写ったもの、子どもたちと写ったものなどさまざまな人との写真がありましたが、なかでもオナシスと写った写真が多かったような気がします。晩年のNY時代のテンプルズマンとの写真は、私が見た範囲ではありませんでした。

いずれにしても、ジャッキーの数々の写真を見ていると、そこが東京のギャラリーであることも忘れてしまうような不思議な魅力にあふれた素敵な写真展、ぜひ一度はお出かけ下さい。

なお、会場にも置いてありましたが現在発売中の「婦人画報」6月号で、「世紀のプリマとファーストレディ マリア・カラスとジャクリーン・ケネディ」という特集(p100~117)が組まれています。
e0022333_15402443.jpg

[PR]
by Kennedy-Society | 2006-06-03 15:42 | ジャクリーン・ケネディ