excitemusic

ケネディ大統領、ケネディファミリー及びその周辺についてのケネディマニア日記です。
by Kennedy-Society
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳
★ケネディの会会報
「KENNEDY」
のバックナンバー
「第20号:ケネディ暗殺40年特集号」
「第24号:ケネディ生誕90年記念号」
の2冊は在庫があります。ご希望の方に謹呈致しますので、下記まで郵便番号・名前・住所をご連絡下さい。
ケネディの会

★当ブログはリンクフリーです。ご自由に貼り付けて下さい。
カテゴリ
全体
会報「KENNEDY」
会報バックナンバー
ジョン・F・ケネディ
ジャクリーン・ケネディ
ロバート・F・ケネディ
エドワード・ケネディ
パトリシア・ケネディ
JFKジュニア
キャロライン・ケネディ
パトリック・ケネディ
クリストファー・ケネディ
ケネディ家と公職
スペシャルオリンピックス
ケネディ暗殺
ケネディゆかりの場所
ケネディ大統領慰霊碑
アイルランド
JFKライブラリー
ケネディ文献・資料
テレビ・映画・舞台
映画「ボビー」
映画「稲妻の二年十ヶ月」
ビデオ
宝塚公演「JFK」
記念切手
ケネディゆかりの人々
ソレンセン
デイブ・パワーズ
ヒュー・サイディ
ガルブレイス
國弘正雄
松山幸雄
高市早苗
桃井 真
Ban Ki-Moon
中間選挙
PT109
空母ジョン・F・ケネディ
『勇気ある人々』
沈黙の春
マイスペース
ケネディ関連の音楽
異文化交流
メーリングリスト
リンク紹介
米大統領選挙
会報執筆者
ケネディ騎士団
ハマースミス・ファーム
Sixth Floor Museum
ローリー・ケネディ
ケネディ関連文献紹介(日本語)
CapeCodTimes
その他
マリア・シュライバー
鳩山由紀夫
イーディー・ビール
杉田弘毅
ロバート・マクナマラ
ウォルター・クロンカイト
ファーストドッグ・BO(ボー)
ユーニス・シュライバー
ハイアニス
ポール・B・フェイ
ニューヨークピザトニー
ヴィッキー・ケネディ
平沢淑子
ジョセフ・ケネディⅡ
ジョセフ・P・ケネディⅢ
スチュワート・ユーダル
アナトリー・ドブルイニン
ジョン・ワーネック
ロバート・ケネディJr.
テッド・ケネディJr.
マクスウェル・ケネディ
なだいなだ
細野軍治
堀切友孝
奥菜秀次
ヘレン・トーマス
カラ・ケネディ
品川力
福田久賀男
細野豪志
未分類
検索
以前の記事
最新のトラックバック
ケネディの会のブログで紹..
from Eijipress blog
ゴダイゴCONCERT ..
from 英語に触れる生活
セレブって、どんな人?
from Boochanの宝探し
「グッドナイト&グッドラ..
from 映画と出会う・世界が変わる
これもまたハリウッド映画..
from 万歳!映画パラダイス〜京都ほ..
映画:グッドナイト&グッ..
from 駒吉の日記
新会社法元年・あけまして..
from 「税金まにあ」木村税務会計事..
国が諸君のために何をして..
from グーグーパンダの語る人生の目的
ダラス
from アメリカの都市
鹿砦社・松岡さん拘留理由..
from 旗旗
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:杉田弘毅( 3 )

「猿谷さんとケネディ、アメリカ」(杉田弘毅)

 
 ケネディの会のメンバーで、共同通信編集委員兼論説委員の杉田弘毅さんから、上記タイトルの原稿を拝受いたしました。亡くなった猿谷要先生には会報「KENNEDY」の創刊以来、会報を発行の都度お送りし、お手紙でアドバイスや励ましをいただいておりました。そのお世話になった猿谷先生を追悼する杉田さんの原稿です。

 本来ならば会報「KENNEDY」に掲載すべきものですが、会報「KENNEDY」第26号の発行が遅れていますので、すみやかに発表できるこちらのブログに先に掲載することにいたしました。

 杉田弘毅共同通信編集委員兼論説委員

 1957年生まれ。一橋大学法学部卒業。1980年共同通信社入社。大阪社会部、テヘラン支局長、ニューヨーク支局員、ワシントン支局長などを務め、現在編集委員兼論説委員。アメリカ政治・外交、日米関係、中東、核兵器問題などを専門とする。著書に
『検証 非核の選択』(岩波書店 2005年)
『さまよえる日本―未来へのシナリオ』生産性出版 2008年)
『アメリカはなぜ変われるのか』 (ちくま新書 2009年)
などがある。
E-mail: メールアドレス


********************************


 猿谷さんとケネディ、アメリカ


 東京女子大学名誉教授の猿谷要さんが1月3日、87歳で亡くなった。猿谷さんと言えば、日本が太平洋戦争で米国と戦争を始めた10代後半の時に「敵国」に興味をもってから、70年近くにわたり米国とかかわってきた米国研究の泰斗だ。白人でなく黒人や日系人、先住民に光をあてた平易な表現でアメリカを綴ったことで知られる。最晩年まで米国の動向を追いかけた大先輩の猿谷さんの追悼文を書いた。ケネディの会の皆様に読んでいただくために、猿谷さんのケネディ兄弟への思いを中心とした文章にしてみた。

 猿谷さんのすごいところは、戦後間もなく東大の卒論のテーマとして「アメリカ奴隷解放史」を取り上げたことに現れている。日本で黒人問題への関心が高まったのは、公民権運動が盛り上がった1950年代後半からだ。マルコムXやキング牧師という英雄の動向伝えられ、自由の戦士として称賛を浴びてからだ。しかし、猿谷さんはそのはるか前から黒人問題に関心を持ってその歴史を追っていたのだ。
 その猿谷さんのジョン・F・ケネディ、ロバート・ケネディ兄弟についての記述も黒人解放に関係している。猿谷さんの60年代の本である「アメリカ黒人解放史」はケネディ大統領の公民権運動についての業績をふんだんに載せている。いくつか紹介してみよう。
 まず、1960年の大統領選で当初劣勢だったケネディがニクソンに逆転勝利した原動力として、黒人との関係を挙げている。
 ケネディはマサチューセッツ州出身で黒人問題が弱点であると認識していた。それにケネディの所属する民主党は人種差別の南部を基盤とし、対抗馬のニクソンの共和党はリンカーンの党だ。
 しかし、キング牧師が座り込みで逮捕され有罪判決を受けると即座に、遊説をキャンセルしてキング夫人に激励の電話をかけ、弟のロバート・ケネディは判決を下した判事に圧力をかけて、翌日釈放を実現させた。一方で対抗馬のニクソンは、キング牧師逮捕を知りながら何の手立てもうたず、黒人のケネディ贔屓が決定的となる。
 黒人票の行方は、接戦だったこの選挙の結果を左右した。猿谷さんの「アメリカ黒人解放史」によると、イリノイ州ではわずか9000票の差でケネディが勝ち、ケネディに当選をもたらしたが、イリノイでは25万の黒人票がケネディに投じられたという。他の接戦州であるミシガン州やサウス・カロライナ州でも黒人票が勝敗の帰趨を決めた。
 こうして黒人の期待を一身に集めてホワイトハウス入りしたケネディは、弟のロバートを司法長官(黒人問題の担当でもある)に任命し、黒人投票権や雇用・住宅での差別撤廃などの措置を次々と打ち出した。1963年の2月にはケネディは議会に公民権に関する特別教書を送り、「アメリカは黒人問題を抱える限り、『自由の国』とは言えない」と警告している。
 ケネディの肝いりでこの年6月には有名な公民権法が議会に提出され、さらに8月キング牧師の「私には夢がある」の演説で知られるワシントン行進のリーダーたちとケネディはホワイトハウスで会談し、差別撤廃を約束している。ケネディは白人と黒人の共学を拒否するミシシッピ州、アラバマ州に連邦軍を派遣するなど、黒人側に立った政策を鮮明に打ち出した。
 南部の黒人のケネディに対する期待は圧倒的だった。猿谷さんが前掲書で挙げた表によると、南部では黒人層の87%がケネディ再選で黒人の権利は好転するだろうと答えたという。また、直近4人の大統領のうち、誰がもっとも黒人のために尽くしたかと問うた世論調査ではケネディ73%、ルーズベルト20%、アイゼンハワー4%、トルーマン3%で大差をつけた。
 しかし、こうしたケネディの公民権政策を南部の白人が喜ぶわけがなかった。1963年には翌年に迫った大統領選を前に、「ケネディが再選されれば、アメリカはおしまい」といった声が南部で渦巻き始めた。
 1963年11月22日、運命の日。テキサス州ダラスを遊説で訪れたケネディは凶弾に倒れた。ダラスは右翼団体であるジョン・バーチ協会などが活発で、反ケネディのメッカだった。それでも「大統領は闘争の真っただ中に飛び込む」を信条に、ケネディはダラス入りしたのだった。
 猿谷さんはケネディの暗殺についてこう書いている。
 「テキサスは人種差別の点ではミシシッピやアラバマほどではないにしても、ダラスが極右団体の中心地であることは周知の事実だったので、この理想主義的な大統領の暗殺は、誰の目にも黒人差別を固守しようとする右翼団体か、暴力的な秘密結社のような組織の仕業かと、本能的に、そう感じさせたほどだった。
 FBIの調査や『ウォーレン報告書』など、いずれも詳細を極めたものであるが、それにも関らずこの暗殺事件の真相については、なお疑問を抱かせる余地が多いように思われる。犯人が誰であろうと、またはどういう団体であろうと、最近の黒人運動のはげしさに手を焼いていたい相当数の南部白人が、これによってひそかに安堵の念を感じたことは確かであろう。」
 猿谷さんも、ケネディ暗殺の裏に何かがあるという疑問を抱いたのだ。

 さて、米政治についての話題書はあますところなく読んだと思われる猿谷さんが、ケネディ大統領を描いた本として最良と挙げるのが、ケネディの補佐官だったアーサー・シュレジンジャーの著「ケネディ 栄光と苦悩の一千日」だ。当時小学生だった私も赤い表紙のこの本は覚えている。日本でもベストセラーとなった。猿谷さん自身が一部を翻訳しているから愛着も深いのだろう。
 岩波新書「アメリカよ、美しく年をとれ」の中で猿谷さんは「一千日」の翻訳の様子を書いている。
 「一千日」の訳を進めていくうちに、猿谷さんは慄然とする場面に出会った。それはキューバ危機(1962年)のところだ。
 キューバにソ連のミサイル基地が作られ始めていて、それがもし完成すれば、米国は核攻撃の射程内に入ってしまう。危機的状況に直面してホワイトハウスでは極秘裏にその対策を協議した。ペンタゴンをはじめ軍部関係者はキューバ空爆を主張したが、大統領との弟のロバート・ケネディ司法長官が決然として語り始めた。
 以下、猿谷さんの著書「アメリカよ、美しく年をとれ」からの引用だ。
 「私は訳していて、肌に粟が生じるというのはこういうことをいうのかと思った。その部分だけを再録させていただきたいと思う。
 『真珠湾の記憶があるというのに、そしてまた今後の世界でわれわれが背負っていかなければならない責任があるというのに、合衆国の大統領たる者が、こんな作戦に命令を下せるはずがない。175年もの間、アメリカはそんな国ではなかったはずだ。小さな国に日曜日の朝、奇襲攻撃を加えるというようなことは、われわれの伝統のなかにはなかったのである』
 このスピーチが重大な境目になって、米ソの核戦争になったかもしれない空爆から、一転して海上封鎖になったのだとシュレジンジャーは書いている。日本人としては、なんとも胸にこたえるスピーチではないか。」

 ここで猿谷さんの経歴を簡単に紹介したい。
 陸軍パイロットとして太平洋戦争の末期に北海道にいた時、米グラマン機の空襲を受けたが、その時、操縦席に座った米人パイロットの幼さを残す顔が記憶に焼きつき、敵国である米国にひきつけられた。戦後、旧敵をもっとよく知ろうと東大で米国史の研究に進んだが、何と専門の教授がいなかったという。アメリカからやってきたペリーの黒船に開国を迫られながら、明治から大正、昭和にかけて日本の外国研究は、隆盛しつつあった米国はなぜか無視され、欧州一辺倒になっていた様子がよく分かる。
 さて、東大で米国史を始めた猿谷さんは、米国の白人支配層の研究に背を向け黒人、日系人、先住民など忘れられた少数派に光をあて、「もう一つの米国」を紹介した。東大の卒論が斬新な奴隷解放史であったことは先に紹介した通りだ。
 公民権運動が盛んだった頃、猿谷さんは黒人解放史についての別の著書で「黒人大統領は生まれるか」とサブタイトルで問うた。私は、公民権運動に身を捧げてきたジョン・ルイス下院議員をインタビューしたことがあるが、ルイスは「白人たちにこん棒で殴られ続けたあの頃、いつか黒人大統領がこの国に生まれるなんて言えば、お前は狂ったか、と仲間に言われた」と言っていた。猿谷さんのサブタイトルでの問い掛けは、本当に奇想天外だったのだ。
 40年後の2009年にバラク・オバマが初の黒人大統領になった。猿谷さんはその時、「言い知れない感慨」と喜び、「アメリカ社会の底流の変容、変化を見ないわけにいかない」と論じた。猿谷さんが生涯をかけて追った「アメリカの少数派が少数派でなくなる日」、つまり、「多元化社会アメリカ」の理想実現を見たに違いない。そして猿谷さんは「オバマは世界の少数派に希望を与えた。多元化社会は世界潮流」との見通しを語っている。
 猿谷さんは日本であまり知られていなかった米南部にもひかれた。南部といえば、日本では人種差別と貧困で遅れた地域としか知られていなかった。だが、ジャズや文学が花開き、宗教が生活を支え、政治で言えば米国保守の力の源流でもある。実際、ハリウッド映画の代表作として日本人が見たのは、南部を舞台にした「風と共に去りぬ」。南部を知らずして米国は語れないとの猿谷さんの思いは当然だろう。
 威張らない、軽妙な人だった。教授というより、その筆致は文学者のものだ。「点と点を結ぶ飛行機の旅行ではその地を理解できない。地を這わなければ」と言い聞かせ、ハンドルを握って妻と全米を回った多くの紀行文はその真骨頂だ。
 東京・荒川近くで育った。ミシシッピ川を舞台に描いたトム・ソーヤーの冒険、ハックルベリー・フィンの冒険など、作家マーク・トゥエーンの小説が好きだという。ミシシッピ川に妙にひかれたのは、荒川を見て育ったためかもしれない、と振り返っている。

 猿谷さんの訃報を知り、猿谷さんを良く知る米国研究家の何人かに思い出話を聞いてみた。
 少し遅れて米国研究に入った本間長世(ほんま・ながよ )東大名誉教授(81)は「学会で発表するより現場へ行こう、米国の良い面も悪い面も公平に見よう、というスタイルは斬新だった。ジャーナリストでもあった」と言う。
 越智道雄(おち・みちお)明大名誉教授(74)は「自分を押し付けない人だった。家父長的でない、虚の人と言うべきだろうか。黒人を応援しながら支配層の白人をも優しく見つめた。白人を味方にして大統領になったオバマ氏の特性は、猿谷さんのおおらかな視点で見てこそ理解できる」と語っている。

 私は猿谷さんのたくさんの本の中でも、猿谷さんが奥さんの志摩さんと車で回った紀行文「アメリカ大西部」(新潮選書)が好きだ。特に「旅の終わりに」と題したその結びの次の文が、猿谷さんの人柄が良くでていると思う。
 「未知のものに惹きつけられるとき、私は他のことをすべて忘れる。まず夢をみ、それを実現させるような計画を立て、あとは一瀉千里に実行してしまうだの。一度夢を実現させてしまうと、そのあとでまた書斎の生活に戻っても、私の心のなかのどこかに、その夢は生き続ける。そして、遠い南の空に白い雲が湧く頃になると、夢はまた私の心いっぱいに拡がってしまうのである。」
 南の空に白い雲が湧くにはまだ早い。だが、猿谷さんは待ち切れなかったのか、少し早く旅立ってしまった。

 杉田弘毅(すぎた・ひろき)

********************************
[PR]
by kennedy-society | 2011-02-27 14:23 | 杉田弘毅

『アメリカはなぜ変われるのか』(杉田弘毅著)

昨年の6月4日、当ブログに
「オバマ氏にたいまつ渡す  王朝終わり、変革新世代に」
を書いていただいた共同通信ワシントン支局長の杉田弘毅さんが、

『アメリカはなぜ変われるのか』(副題「日本はなぜ変われないのか?」)
(ちくま新書、263頁、2009年3月10日、780円+税)


を刊行されました。

Amazon 『アメリカはなぜ変われるのか』(杉田弘毅著)

早速、読んでみましたが、格差拡大、金融危機、戦争の常態化、移民の急増、そしてミレニアム世代の台頭というリアルな米国と、草の根の力に支えられたオバマ選挙戦とを、大統領選挙戦がスタートした2007年の年明けから本番の2008年、そして2009年1月20日の就任式までの約2年間、丹念に取材して、オバマ現象の背後にある変化を引き起こすアメリカの持つ底力を見事に描きだした力作です。

杉田さんからいただきましたメールにありますように、

「オバマ本は日本でも随分出ているのですが、日本人が実際に全米を駆けずり回って選挙戦を取材し、政策の行方を政権関係者から聞いて書いた本はほかにない、と自負しています。
初の黒人大統領オバマの生い立ちや修業時代、オバマ革命の担い手である若者(ミレニアム世代)による草の根運動、ユーチューブ選挙と名演説の秘訣なども描きました。
そろそろ日本でも総選挙が近そうです。今度は、日本が変われるのか、世界中がウオッチしている折りでもあり、日本の一人でも多い方々に読んで頂きたいと思っているところです。」

「オバマ革命は、若者の政治参加など1960年のケネディの選挙戦、さらにケネディ政権の政策を意識して作り上げられているので、(ケネディの会)会員の皆さまにも、ご参考になるかとと存じています。」

ということで、ぜひ皆さんにも読んでいただきたく、ご紹介する次第です。


杉田弘毅共同通信ワシントン支局長
1957年愛知県生まれ、80年一橋大学卒業後、共同通信入社。大阪社会部などを経て89年外信部。旧ソ連・中東移動特派員としてソ連崩壊、湾岸戦争などを取材。テヘラン支局長、国連特派員(ニューヨーク)、ワシントン特派員、外信部副部長などを経て、2005年7月から現職。全米記者協会国際委員。専門は米政治・外交・社会、中東、日米関係、グローバル問題、核問題など。主な著書に「検証 非核の選択」(岩波書店 2005年)、
       「さまよえる日本―未来へのシナリオ」(生産性出版 2008年)。
E-mail: メールアドレス


追記:本書の感想文を私の読書ブログにアップしました。
「ゴン太の猛読日記」


e0022333_23444125.jpg


e0022333_23451241.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2009-05-25 23:49 | 杉田弘毅

オバマ氏にたいまつ渡す  王朝終わり、変革新世代に

ケネディの会のメンバーで、共同通信ワシントン支局長の杉田弘毅さんから、上記タイトルの原稿を拝受いたしました。

本来ならば会報「KENNEDY」に掲載すべきものですが、会報「KENNEDY」
第26号の発行が遅れていますので、エドワード・ケネディ上院議員が病気と闘っている現状を考えて、すみやかに発表できるこちらのブログに掲載することにいたしました。

杉田弘毅共同通信ワシントン支局長
1957年愛知県生まれ、80年一橋大学卒業後、共同通信入社。大阪社会部などを経て89年外信部。旧ソ連・中東移動特派員としてソ連崩壊、湾岸戦争などを取材。テヘラン支局長、国連特派員(ニューヨーク)、ワシントン特派員、外信部副部長などを経て、2005年7月から現職。全米記者協会国際委員。専門は米政治・外交・社会、中東、日米関係、グローバル問題、核問題など。主な著書に「検証 非核の選択」(岩波書店 2005年)、
       「さまよえる日本―未来へのシナリオ」(生産性出版 2008年)。
E-mail: メールアドレス

********************************

「ケネディ議員重病」
オバマ氏にたいまつ渡す  王朝終わり、変革新世代に


 ケネディ三兄弟の中では一人だけ凶弾に倒れず、米政界のドンとして多くの業績を挙げてきたエドワード・ケネディ上院議員(76)が悪性脳腫瘍(しゅよう)を患っていることが分かった。一日も早い復帰を祈りたい。エドワード・ケネディ上院議員の入院と最近の言動は、「ケネディ王朝」の終わりが近いことを印象づけるとともに、大統領選で民主党の指名を確実にしているオバマ上院議員(46)ら新しい政治指導者への交代が進む米政界の新潮流が浮き彫りになる。特にケネディ議員は世代交代を自らの言葉で促してきた。その度量が長く政界で尊敬を集めてきたゆえんなのだろう。
 激動の米現代史を象徴する二人の兄、ジョン・ケネディ大統領、ロバート・ケネディ司法長官の暗殺は、ケネディ家に特別の地位を与えた。ニューヨーク沖で自ら操縦する飛行機が墜落して死んだ同大統領の長男ジョン・F・ケネディ・ジュニアも含めてケネディ家には「悲劇と華やかさ」のイメージがついて回る。故大統領と女優マリリン・モンローの交際など醜聞にも事欠かない。
 エドワード・ケネディ上院議員も一九六九年に女性を乗せて車を運転中に池に転落、本人は脱出したが、警察に通報せずに女性は死亡するという事件(チャパキディック事件)を起こし、ケネディ家の悲劇の伝統を受け継いだ。
 しかし、政治家としては「早世」という言葉があてはまる二人の兄と異なり、ケネディ氏は、四十六年間の議員生活で粘り強いまとめ役に才能を発揮、国民に直接影響する立法を次々と成功させた業績にある。一九八〇年の大統領選出馬が六九年の女性水死事件も影響し敗北に終わった後は、二人の兄とは対照的に地味な議員活動に天職を見いだした。
 ケネディという金看板、経験、政策知識を基に、民主党と共和党保守派を結び付け、公民権、移民、教育、医療、司法、たばこ規制など広範な立法を実現した。政府が法案提出の主体である日本と異なり、米国は議員が法案を作る制度で、ケネディ議員の法案への精通度は並外れている。法案を通すためには、じっと座って相手が折れるまで何時間でも待つという辛抱強さは米政界でよく知られる。「米史上もっとも影響力を持つ上院議員」(フランク下院金融委員長)と言われるケネディ氏の貢献の大きさが分かる。
 民主党リベラル派長老のケネディ氏の入院の報に、共和党保守派のブッシュ大統領が「壮大な勇気と驚くべき強靱(きょうじん)さ、力強い心を持つ男」と絶賛する声明を発表したのも、教育や移民などブッシュ氏の内政案のほとんどが、ケネディ氏との協力の末に実現したからだ。ケネディ氏はイラク戦争に猛反対するが、それを引いてもブッシュ氏は恩を感じている。
 パトリック・ケネディ下院議員ら「ケネディ」の名を継ぐ政治家はいるが、3兄弟に比べてその威光は劣る。エドワード・ケネディ上院議員の入院は「王朝」のやがてくる衰退を予想せざるを得ない。
 今年に入ってからケネディ氏に注目が集まったのは、大統領選で民主党の指名争いを繰り広げるオバマ氏への支持を表明した一月末の演説だ。寒風が吹くワシントンのアメリカン大学で「変革がすぐそこに迫っている。この風に変革が感じられる」と、マイクが不要なほどの大きな声で宣言した演説は、白人社会の門をこじ開けて黒人候補オバマ氏を受け入れる先導役となり、その後民主党主流派の白人政治家がせきを切ったようにオバマ氏支持に流れる契機となった。
 ケネディ氏はこの演説で「民主党対共和党」、「リベラル対保守」という対決の政治からの脱却と世代交代を説いた。「私の兄(故大統領)も先輩政治家に『まだ早過ぎる』と言われたが、時は熟していた」と述べ、若い世代への期待を熱く語った。この時はクリントン・ブッシュ時代の不毛の対立への告別の演説と受け止められたが、ケネディ王朝もやがて衰退していくという事実に気付き「大統領だった兄を思い出させる」オバマ氏に、変革のたいまつを引き継ぐ思いだったのだろう。(共同通信ワシントン支局長 杉田弘毅)

********************************
[PR]
by kennedy-society | 2008-06-04 14:16 | 杉田弘毅