excitemusic

ケネディ大統領、ケネディファミリー及びその周辺についてのケネディマニア日記です。
by Kennedy-Society
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メモ帳
★ケネディの会会報
「KENNEDY」
のバックナンバー
「第20号:ケネディ暗殺40年特集号」
「第24号:ケネディ生誕90年記念号」
の2冊は在庫があります。ご希望の方に謹呈致しますので、下記まで郵便番号・名前・住所をご連絡下さい。
ケネディの会

★当ブログはリンクフリーです。ご自由に貼り付けて下さい。
カテゴリ
全体
会報「KENNEDY」
会報バックナンバー
ジョン・F・ケネディ
ジャクリーン・ケネディ
ロバート・F・ケネディ
エドワード・ケネディ
パトリシア・ケネディ
JFKジュニア
キャロライン・ケネディ
パトリック・ケネディ
クリストファー・ケネディ
ケネディ家と公職
スペシャルオリンピックス
ケネディ暗殺
ケネディゆかりの場所
ケネディ大統領慰霊碑
アイルランド
JFKライブラリー
ケネディ文献・資料
テレビ・映画・舞台
映画「ボビー」
映画「稲妻の二年十ヶ月」
ビデオ
宝塚公演「JFK」
記念切手
ケネディゆかりの人々
ソレンセン
デイブ・パワーズ
ヒュー・サイディ
ガルブレイス
國弘正雄
松山幸雄
高市早苗
桃井 真
Ban Ki-Moon
中間選挙
PT109
空母ジョン・F・ケネディ
『勇気ある人々』
沈黙の春
マイスペース
ケネディ関連の音楽
異文化交流
メーリングリスト
リンク紹介
米大統領選挙
会報執筆者
ケネディ騎士団
ハマースミス・ファーム
Sixth Floor Museum
ローリー・ケネディ
ケネディ関連文献紹介(日本語)
CapeCodTimes
その他
マリア・シュライバー
鳩山由紀夫
イーディー・ビール
杉田弘毅
ロバート・マクナマラ
ウォルター・クロンカイト
ファーストドッグ・BO(ボー)
ユーニス・シュライバー
ハイアニス
ポール・B・フェイ
ニューヨークピザトニー
ヴィッキー・ケネディ
平沢淑子
ジョセフ・ケネディⅡ
ジョセフ・P・ケネディⅢ
スチュワート・ユーダル
アナトリー・ドブルイニン
ジョン・ワーネック
ロバート・ケネディJr.
テッド・ケネディJr.
マクスウェル・ケネディ
なだいなだ
細野軍治
堀切友孝
奥菜秀次
ヘレン・トーマス
カラ・ケネディ
品川力
福田久賀男
細野豪志
未分類
検索
以前の記事
最新のトラックバック
ケネディの会のブログで紹..
from Eijipress blog
ゴダイゴCONCERT ..
from 英語に触れる生活
セレブって、どんな人?
from Boochanの宝探し
「グッドナイト&グッドラ..
from 映画と出会う・世界が変わる
これもまたハリウッド映画..
from 万歳!映画パラダイス〜京都ほ..
映画:グッドナイト&グッ..
from 駒吉の日記
新会社法元年・あけまして..
from 「税金まにあ」木村税務会計事..
国が諸君のために何をして..
from グーグーパンダの語る人生の目的
ダラス
from アメリカの都市
鹿砦社・松岡さん拘留理由..
from 旗旗
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ケネディ関連文献紹介(日本語)( 4 )

藤本一美編『クリントンとアメリカの変革』

『日本におけるケネディ文献目録』

一 ケネディの著作・演説等の翻訳
(1)単行本及び単行本一部所載(文庫・新書・小冊子を含む)
(2)新聞・雑誌・紀要等所載

二 ケネディに関する参考文献
(1)単行本(文庫・新書・小冊子を含む)
(2)単行本一部所載文献
(3)新聞・雑誌・紀要等所載文献

【付】 レコード・ソノシート・カセットテープ・ビデオ・CD・LD・DVD等目録
_______________________________________________

このうち、
「二 ケネディに関する参考文献 (2)単行本一部所載文献」
を本ブログにおける

「ケネディ関連文献紹介(日本語)」

のカテゴリーで、表紙の画像とともに、紹介中。

********************************

藤本一美編
『クリントンとアメリカの変革』
東信堂 1995年2月20日発行 
A5判 246頁


【内容】

山本和隆
『第2部 各論』 
<1 クリントンとケネディ -比較大統領論->(pp.55~76)
「一、はじめに
二、アメリカ合衆国大統領の権限とその役割
三、クリントンとケネディ
四、ケネディへの固執
五、大統領夫人
六、副大統領と「ニュー・フロンティア」
七、おわりに
(注)」


e0022333_10564019.jpg

[PR]
by Kennedy-Society | 2011-09-11 10:46 | ケネディ関連文献紹介(日本語)

専修大学大学院公開講座委員会編『現代米国の虚像と実像』

ケネディの会会報「KENNEDY」第3号(1993年11月22日発行)に初めて掲載した『日本におけるケネディ文献目録』は、以下のような構成になっている。
_______________________________________________

『日本におけるケネディ文献目録』

一 ケネディの著作・演説等の翻訳
(1)単行本及び単行本一部所載(文庫・新書・小冊子を含む)
(2)新聞・雑誌・紀要等所載

二 ケネディに関する参考文献
(1)単行本(文庫・新書・小冊子を含む)
(2)単行本一部所載文献
(3)新聞・雑誌・紀要等所載文献

【付】 レコード・ソノシート・カセットテープ・ビデオ・CD・LD・DVD等目録
_______________________________________________

このうち、
「二 ケネディに関する参考文献 (2)単行本一部所載文献」
を本ブログにおける

「ケネディ関連文献紹介(日本語)」

のカテゴリーで、表紙の画像とともに、少しずつ紹介します。

********************************

専修大学大学院公開講座委員会編
『現代米国の虚像と実像』
同文館出版 平成21年4月15日発行 
A5判 225頁


【内容】

『第6章 ファーストレディの活動と類型』 <5 ファーストレディの活動事例>「(2)ジャクリーヌ・ケネディ」(濱賀祐子)(pp.151~153)
 

e0022333_2053394.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2011-09-10 20:53 | ケネディ関連文献紹介(日本語)

倉橋由美子「テキサス州ダラス」

作家の倉橋由美子さんも、テキサス州ダラスのケネディ暗殺現場に行かれているんですね。たまたま『わたしのなかのかれへ』(昭和45年3月12日発行、講談社、436頁)というエッセイ集を読んでいたら、

「テキサス州ダラス」

という文章を発見。倉橋さんが行ったのは1968年3月末。まだ、暗殺後4年と4か月。ケネディ前大統領と「前」になっているのがなんとなく生々しい感じがします。

「テキサスといえば一般に固定観念ができあがっていて、ひどい南部訛とかビッグ・テキサン(テキサスの人間は尊大で大風呂敷をひろげたがるというのが相場になっている)がすぐ引きあいに出され、それにダラスは例のケネディ前大統領が暗殺された町として悪名高く、粗野で無気味で砂塵の舞う陰惨な町にちがいないときめこんでいた。
しかし、行ってみるとダラスは清潔な町だった。白っぽくて、広々としていて、ふりそそいでいる白い陽ざしはさびしいほどだった。わたしが招待された家は古い木造の大きな邸宅で、気が遠くなるほど大量の食料が貯蔵されていた。
凶行の現場には、日本によくみられる朱色のつつじが咲きみだれ、メモリアル・プレイスにはさまざまの人種の訪問者が、いかにも感慨深げにたたずんでいる。犯人がひそんでいたという教科書倉庫は汚い古煉瓦の色をしていた。これだけはたしかに無気味で凶々しい。そしてこれはなるべく忘れてしまいたくなるものであった。」(同書P307)

e0022333_0392277.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2010-03-06 00:39 | ケネディ関連文献紹介(日本語)

左藤義詮著『因縁の糸』

ケネディの会会報「KENNEDY」第3号(1993年11月22日発行)に初めて掲載した『日本におけるケネディ文献目録』は、以下のような構成になっている。
_______________________________________________

『日本におけるケネディ文献目録』

一 ケネディの著作・演説等の翻訳
(1)単行本及び単行本一部所載(文庫・新書・小冊子を含む)
(2)新聞・雑誌・紀要等所載

二 ケネディに関する参考文献
(1)単行本(文庫・新書・小冊子を含む)
(2)単行本一部所載文献
(3)新聞・雑誌・紀要等所載文献

【付】 レコード・ソノシート・カセットテープ・ビデオ・CD・LD・DVD等目録
_______________________________________________

このうち、
「二 ケネディに関する参考文献 (2)単行本一部所載文献」
を本ブログにおける

「ケネディ関連文献紹介(日本文)」

のカテゴリーで、表紙の画像とともに、少しずつ紹介します。


左藤義詮著
『因縁の糸』
創元社 昭和41年9月1日発行 
B6判 237頁 カバーと帯付き 定価350円


【内容紹介】

「悼ケネディ大統領」 (pp.104~106)

「1961年春、ワシントンを訪れたときは、おりあしくも新大統領が国内旅行中だった。いくら惜しんでも、もう永久にお目にかかることはない。」
という書き出しで始まるケネディ大統領への追悼文である。

著者は、ケネディ大統領の成し遂げたこととして、次のように大きく三つに分けて述べている。

(1)米国内政の盲点であり、文明の恥辱とまでいわれた人種差別への戦い。
(2)冷戦の焦点を貧困の解決にしぼって、後進国の援助と貿易の自由化に集中したエルルギー。
(3)冷戦の緩和。キューバ危機、部分的核停条約の締結などにみられた不退転の意志と忍耐づよき政治力。

そして、最後を次のように締めくくっている。

「ああ、その人いまや亡し。聖マリア教会の追悼ミサにもうでて、あふれる涙の中に浮かぶのは、朝刊で、テレビで見た遺族の姿。ついこの間、おごそかな就任式の議事堂前を、うなだれたジャクリーン未亡人と、涙をぬぐう可憐のキャロライン嬢。三歳のジョン二世にいたっては、乳母の母の手で無心にはしゃいでいたという。
46歳の生涯、2年10ヵ月の施政、だれが短しといえよう。″安らかな魂″よ。しずかにアーリントンの丘に眠れ。″確実な報い″がジョンソン新大統領の″所業″に伝わって、長く全人類の平和と繁栄とを守りつづけんことを祈りつつ。」

【著者紹介】
 
著者は、1899年三重県に生まれ、京大及びベルリン大学で倫理学を専攻。第2世界大戦後、大阪府から、衆議院議員、参議院議員、防衛庁長官を経て大阪府知事。1985年逝去。


e0022333_18393722.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2008-10-09 18:52 | ケネディ関連文献紹介(日本語)