excitemusic

ケネディ大統領、ケネディファミリー及びその周辺についてのケネディマニア日記です。
by Kennedy-Society
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メモ帳
★ケネディの会会報
「KENNEDY」
のバックナンバー
「第20号:ケネディ暗殺40年特集号」
「第24号:ケネディ生誕90年記念号」
の2冊は在庫があります。ご希望の方に謹呈致しますので、下記まで郵便番号・名前・住所をご連絡下さい。
ケネディの会

★当ブログはリンクフリーです。ご自由に貼り付けて下さい。
カテゴリ
全体
会報「KENNEDY」
会報バックナンバー
ジョン・F・ケネディ
ジャクリーン・ケネディ
ロバート・F・ケネディ
エドワード・ケネディ
パトリシア・ケネディ
JFKジュニア
キャロライン・ケネディ
パトリック・ケネディ
クリストファー・ケネディ
ケネディ家と公職
スペシャルオリンピックス
ケネディ暗殺
ケネディゆかりの場所
ケネディ大統領慰霊碑
アイルランド
JFKライブラリー
ケネディ文献・資料
テレビ・映画・舞台
映画「ボビー」
映画「稲妻の二年十ヶ月」
ビデオ
宝塚公演「JFK」
記念切手
ケネディゆかりの人々
ソレンセン
デイブ・パワーズ
ヒュー・サイディ
ガルブレイス
國弘正雄
松山幸雄
高市早苗
桃井 真
Ban Ki-Moon
中間選挙
PT109
空母ジョン・F・ケネディ
『勇気ある人々』
沈黙の春
マイスペース
ケネディ関連の音楽
異文化交流
メーリングリスト
リンク紹介
米大統領選挙
会報執筆者
ケネディ騎士団
ハマースミス・ファーム
Sixth Floor Museum
ローリー・ケネディ
ケネディ関連文献紹介(日本語)
CapeCodTimes
その他
マリア・シュライバー
鳩山由紀夫
イーディー・ビール
杉田弘毅
ロバート・マクナマラ
ウォルター・クロンカイト
ファーストドッグ・BO(ボー)
ユーニス・シュライバー
ハイアニス
ポール・B・フェイ
ニューヨークピザトニー
ヴィッキー・ケネディ
平沢淑子
ジョセフ・ケネディⅡ
ジョセフ・P・ケネディⅢ
スチュワート・ユーダル
アナトリー・ドブルイニン
ジョン・ワーネック
ロバート・ケネディJr.
テッド・ケネディJr.
マクスウェル・ケネディ
なだいなだ
細野軍治
堀切友孝
奥菜秀次
ヘレン・トーマス
カラ・ケネディ
品川力
福田久賀男
細野豪志
未分類
検索
以前の記事
最新のトラックバック
ケネディの会のブログで紹..
from Eijipress blog
ゴダイゴCONCERT ..
from 英語に触れる生活
セレブって、どんな人?
from Boochanの宝探し
「グッドナイト&グッドラ..
from 映画と出会う・世界が変わる
これもまたハリウッド映画..
from 万歳!映画パラダイス〜京都ほ..
映画:グッドナイト&グッ..
from 駒吉の日記
新会社法元年・あけまして..
from 「税金まにあ」木村税務会計事..
国が諸君のために何をして..
from グーグーパンダの語る人生の目的
ダラス
from アメリカの都市
鹿砦社・松岡さん拘留理由..
from 旗旗
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ハマースミス・ファーム( 4 )

ハマースミス・ファーム (内部の様子:その2)

ハマースミス・ファーム (内部の様子:その1)の、続きです。


(6)デッキ・ルーム。この部屋は写真で見るよりもずっと大きく、最大100名までの歓談の場所として利用可能だということでした。左に見える暖炉は、イタリアンな暖炉。

e0022333_14393471.jpg


(7)上のデッキ・ルームの右奥に見えるテラス・ガーデンを見渡せるショート・コーナー。何気なく置かれたスタンドなど、よく見るときれいな柄のつぼにスタンドの傘が乗っていて、さすがだなあ~と感心しました。

e0022333_14441824.jpg


(8)ゲスト・ルーム。この部屋にはインドのネルー首相、アドレイ・スチーブンソン国連大使などが泊まったそうです。

e0022333_14494247.jpg


(9)オーチンクロス氏の主寝室。オーチンクロス家の写真がたくさん飾られたこの部屋は、ケネディ大統領夫妻がハマースミス・ファームを訪れたときは、ケネディ大統領夫妻の部屋となったとのことでした。

e0022333_145338100.jpg


(10)キャロライン・ケネディの部屋。ここは海側の部屋で、窓から海がきれいに見えます。廊下をはさんで反対側の海が見えない部屋だったケネディ・ジュニアが、お姉さんのこの部屋と自分の部屋を代わりたくてしかたなかったが、結局、代わってもらえなかったそうです。その理由を見学ガイドの方が説明し
てくれたと思うのですが、すみません、うまく聞きとれませんでした。

e0022333_1513216.jpg


(11)ケネディ・ジュニアの部屋。部屋の窓からは、庭と田園風景は見えますが、たしかに海はまったく見えません。私でもきっと、姉と部屋の交換について交渉したと思います。

e0022333_155268.jpg


(12)ジャクリーンの子ども時代の部屋。

e0022333_15754.jpg


(13)ヒュー・オーチンクロス3世の寝室。この部屋の窓から、ヨットのアメリカズ・カップ・レースを見ることができたそうです。なお、ヒュー・オーチンクロス3世の父はこの部屋のベッドで生まれたとのことでした。

e0022333_15104412.jpg


(14)オーチンクロス氏のプライベートなオフィス。この部屋が、ケネディ大統領がハマースミス・ファームを訪れたとき、大統領執務室として使われたそうです。

e0022333_15141774.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2008-04-08 15:14 | ハマースミス・ファーム

ハマースミス・ファーム (内部の様子:その1)

ハマースミス・ファームも今は改装されてしまい、かつてジャクリーンが娘時代に夏の別荘として、あるいはケネディ・ファミリーが夏のホワイトハウスとして過ごした頃の面影はなくなってしまいました。

以下は、まだハマースミス・ファームが一般公開されていたころ、そのケネディ・ファミリーが使っていた時代の内部の様子を伝える写真です。


(1)ハマースミス・ファームの正面玄関。板葺き屋根スタイルの別荘として、訪問客を迎える車寄せ。この玄関を入ると次の(2)のエントランスホールとなっています。

e0022333_2217353.jpg


(2)玄関を入ったエントランスホールの様子。この右奥がダイニングルーム。左奥がレセプションルーム。左の階段が、ケネディ大統領がケネディ・ジュニアを抱いて、ジャクリーンがキャロラインを抱いた、ケネディ・ファミリーの有名な写真が撮られた階段です。真正面のドア越しに、ナラガンセット湾が見えました。

e0022333_2224391.jpg


(3)ダイニングルーム。これはゲストのための昼食用テーブルセットだそうです。左の窓からは、広い芝生とヨットが浮かぶナラガンセット湾を見ることができます。

e0022333_22283774.jpg


(4)朝食用のアルコーブ(小部屋)から見た芝生とナラガンセット湾の風景。こんなところで朝食を食べたら、さぞおいしいだろうなあ~と思いながら見学しました。なお、芝生に見えるカナダ・グース(ガチョウ)たちは、秋になるとこの芝生を訪れるとのことでした。

e0022333_2234255.jpg


(5)リビングルーム。このリビングルームは、主にケネディ・ファミリーがお客さんを迎える部屋として使われていたそうです。

e0022333_2236259.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2008-04-03 22:46 | ハマースミス・ファーム

ハマースミス・ファーム小史

HAMMERSMITH FARM
A SUMMER WHITE HOUSE 1961-1963
Ocean Drive, Newport , R.I. 02840
U.S.A.


1640年 
測量技師のウィリアム・ブレントンが、英国国王チャールズⅠ世からロードアイランドの1100エーカーの土地を与えられ、ここにハマースミス・ファームの歴史が始まった。当時、測量技師は測量したそれぞれの土地ごとに一定の土地を受け取るようになっていたのである。ブレントンは、この美しい土地を自分の生まれた英国のハマースミスにちなんで名づけたのであった。

1780年
ブレントンの子孫が、その後、ハマースミスを所有していたが、1780年以降、ブレントン家の国王への忠誠心によって入植者たちに分け与えられるようになった。

1887年
ジョン・W・オーチンクロス(ジャクリーン・ケネディの義父の曽祖父)が、97エーカーの土地を購入。ニューヨークのR・H・ロバートソンによってデザインされた板葺き屋根ビクトリア様式の28部屋の母屋が建てられた。
ジョン・W・オーチンクロスはその家にほとんど住むことはなく、夏を2回過ごした後、弟のヒュー・H・オーチンクロスに売却した。

1942年
ヒュー・H・オーチンクロスの息子ヒュー・H・オーチンクロス・ジュニアが、ジャネット・リー・ブービエ(ジャクリーンの母)と結婚。ジャネット・リー・ブービエは再婚であり、二人の子ども、ジャクリーンとリー・ブービエがいた。
夫となったヒュー・H・オーチンクロス・ジュニアにも3人の子どもがいたが、その後、さらに夫妻に2人の子どもが生まれて、子どもたちは夏は皆でこのハマースミス・ファームで過ごすようになった。

1948年
ジャクリーン・ブービエが、ハマースミス・ファームで社交界にデビュー。

1953年
ジャクリーン・ブービエは、ジョン・F・ケネディ上院議員とニューポートのセント・メアリー教会で結婚式を挙げた。その披露宴が、ハマースミス・ファームで盛大に行われた。

1977年
オーチンクロス夫人(ジャネット・リー・ブービエ)が、ハマースミス・ファームをキャメロット・ガーデンズに売却。

1978年
ハマースミス・ファームの一般公開が始まる。

1995年
ハマースミス・ファームが、950万ドルで売りに出される。
ニューポート郡保存協会(当時、すでに9つのニューポートの歴史的遺産を所有)が、ハマースミス・ファームの購入に意欲を見せるが、価格の面で折り合いがつかず、購入を断念。

1997年
シカゴ在住のビジネスマンであるウィリアム・F・ファーレイが667万5000ドルでハマースミス・ファームを購入。一般公開はその後も続けられた。

1999年
ウィリアム・F・ファーレイは仕事が多忙でハマースミス・ファームを訪れることが難しく、売却を決意。800万ドル以上の価格で、ニューイングランド在住の人物に売却。その新しい所有者は家族で住めるようにハマースミス・ファームを改装。そのため、1978年以来続けられていた一般公開も1999年11月1日から中止となった。

2000年
クリスティーズのオークションで、内部にあった当時の家具などが総額23万3620ドルで売却された。これはオークション前の予想を大幅に上回る額であったという。


今となっては、かつて夏のホワイトハウスと言われたハマースミス・ファーム内部を見学することは不可能になってしまったが、近くの道路、あるいはニューポート湾から出るハーバーツアー(サイトの下に海から見たマースミス・ファームの写真が掲載されている)で海から外観を見るだけなら可能である。

それにしても、1995年に売りに出されたとき、ニューポート郡保存協会が広く募金活動などを行って資金を集め、この歴史的遺産であるハマースミス・ファームを購入して、当時のままの姿で保存されていた内部の一般公開ツアーも続けて欲しかった、と残念でならない。


この記事は、さらに調査を進めてのちほど補筆・修正する予定です。
参考資料:ハマースミス・ファーム公式パンフレット
        The Boston Globe(Saturday,February 3, 1996)
        その他
画像上は、空から見たハマースミスファーム。
この写真には写っていませんが、さらに右の方には当時子どもたちの遊び場だった家があり、おみやげものショップになっていました。
画像下は、海から見たハマースミス・ファーム。
ケネディ大統領はよくこの海でヨットに乗っていて、その写真がたくさん残っています。

e0022333_11333475.jpg

e0022333_23404470.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2008-03-30 10:00 | ハマースミス・ファーム

ハマースミスファームについて(序)

米国・ロードアイランド州ニューポートにあるハマースミスファーム。

HAMMERSMITH FARM
A SUMMER WHITE HOUSE 1961-1963
Ocean Drive, Newport , R.I. 02840
U.S.A.


ケネディ夫妻の結婚披露パーティが開かれた場所として、また夏のホワイトハウスとしても有名な別荘ですが、現在は個人所有(1997年にシカゴのビジネスマンに売却、その後、1999年に別の個人に転売)となってしまい、海や道路からその外観は見れますが、別荘内部は見れなくなりました。

幸いなことに、私はまだ一般公開されていた頃にハマースミスファームを訪れることができ、別荘内部見学ツアーにも参加して、当時のままの居間、ダイニング、ベッドルームから子どもたちの部屋まで邸内をくまなく見学できました。キャロラインが使っていた3階の部屋からは、ナラガンセット湾に浮かぶヨットがよく見えたのを覚えています。

そのハマースミスファームについて、これから何回かに分けてご紹介したいと思います。

第1回は、【ハマースミスファーム小史】の予定です。


画像は、ハマースミスファームの案内チラシ。驚いたことに、日本語版の案内チラシもありました!日本人もたくさん見学に来ていたということなのでしょうか。私が行ったときはアメリカ人がほとんどで、アジア系の方はいませんでしたが・・・・。なお、映画「華麗なるギャツビー」の撮影は裏の広大な庭で行われたそうです。


e0022333_23271765.jpg

e0022333_0214100.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2008-03-20 23:27 | ハマースミス・ファーム