excitemusic

ケネディ大統領、ケネディファミリー及びその周辺についてのケネディマニア日記です。
by Kennedy-Society
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メモ帳
★ケネディの会会報
「KENNEDY」
のバックナンバー
「第20号:ケネディ暗殺40年特集号」
「第24号:ケネディ生誕90年記念号」
の2冊は在庫があります。ご希望の方に謹呈致しますので、下記まで郵便番号・名前・住所をご連絡下さい。
ケネディの会

★当ブログはリンクフリーです。ご自由に貼り付けて下さい。
カテゴリ
全体
会報「KENNEDY」
会報バックナンバー
ジョン・F・ケネディ
ジャクリーン・ケネディ
ロバート・F・ケネディ
エドワード・ケネディ
パトリシア・ケネディ
JFKジュニア
キャロライン・ケネディ
パトリック・ケネディ
クリストファー・ケネディ
ケネディ家と公職
スペシャルオリンピックス
ケネディ暗殺
ケネディゆかりの場所
ケネディ大統領慰霊碑
アイルランド
JFKライブラリー
ケネディ文献・資料
テレビ・映画・舞台
映画「ボビー」
映画「稲妻の二年十ヶ月」
ビデオ
宝塚公演「JFK」
記念切手
ケネディゆかりの人々
ソレンセン
デイブ・パワーズ
ヒュー・サイディ
ガルブレイス
國弘正雄
松山幸雄
高市早苗
桃井 真
Ban Ki-Moon
中間選挙
PT109
空母ジョン・F・ケネディ
『勇気ある人々』
沈黙の春
マイスペース
ケネディ関連の音楽
異文化交流
メーリングリスト
リンク紹介
米大統領選挙
会報執筆者
ケネディ騎士団
ハマースミス・ファーム
Sixth Floor Museum
ローリー・ケネディ
ケネディ関連文献紹介(日本語)
CapeCodTimes
その他
マリア・シュライバー
鳩山由紀夫
イーディー・ビール
杉田弘毅
ロバート・マクナマラ
ウォルター・クロンカイト
ファーストドッグ・BO(ボー)
ユーニス・シュライバー
ハイアニス
ポール・B・フェイ
ニューヨークピザトニー
ヴィッキー・ケネディ
平沢淑子
ジョセフ・ケネディⅡ
ジョセフ・P・ケネディⅢ
スチュワート・ユーダル
アナトリー・ドブルイニン
ジョン・ワーネック
ロバート・ケネディJr.
テッド・ケネディJr.
マクスウェル・ケネディ
なだいなだ
細野軍治
堀切友孝
奥菜秀次
ヘレン・トーマス
カラ・ケネディ
品川力
福田久賀男
細野豪志
未分類
検索
以前の記事
最新のトラックバック
ケネディの会のブログで紹..
from Eijipress blog
ゴダイゴCONCERT ..
from 英語に触れる生活
セレブって、どんな人?
from Boochanの宝探し
「グッドナイト&グッドラ..
from 映画と出会う・世界が変わる
これもまたハリウッド映画..
from 万歳!映画パラダイス〜京都ほ..
映画:グッドナイト&グッ..
from 駒吉の日記
新会社法元年・あけまして..
from 「税金まにあ」木村税務会計事..
国が諸君のために何をして..
from グーグーパンダの語る人生の目的
ダラス
from アメリカの都市
鹿砦社・松岡さん拘留理由..
from 旗旗
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ロバート・F・ケネディ( 12 )

小島 甫著 『精神の脈搏』

古書店で偶然、手にした

小島 甫著 『精神の脈搏』
北国出版社 昭和53年4月12日 322頁
 

という本に、ケネディ兄弟の印象を書いた一節があり、とくにロバート・ケネディ司法長官(本書では「検事総長」となっている)には、直接、司法長官室で会って、1時間ほど歓談したそうで、そのときの印象を詳しく書いてあったので、紹介したい。

********************************

<こどもの好きな弟のケネディ>

弟で、さきに来日した検事総長ロバート・ケネディには約1時間、夕方の役所で話す機会があった。石川県知事室の半分に満たない広さの部屋に、チョークで描いたわけのわからぬ絵が十枚あまり、無造作にはってあり、「子どもが描いたんだが、自分も何の絵かわからない。これは飛行機じゃないかな」という。机の上に七人の子どもたちの写真が並べて立ててあり、日本の婦人の感想を聞かれて「困ったなぁ、どう返事したらいいかなぁー」と澄んだ目を宙に浮かせる。「「コーヒー、あげましょうか」とベルを押すでなく、自分で隣の室へ注文に行き、日本に行っての感想の一番はじめに「どこへ行ってもあんなかわいい子どもたちを見たことがない」という彼。

<アメリカの政治に希望と安心感>

検事総長という日本での映像と、それは似ても似つかぬもので、私はこの子どもにベタぼれになっている総長がいっぺんに好きになってしまった。大統領選挙のとき、彼ロバートが母親たちの票をさらったとも聞いたが、私がアメリカで会い、話した多くのなかで「すばらしきアメリカ人」の印象を持ったのはこの人であった。ケネディ大統領の人気の何%かはロバートが持っているのではないか、とみるのは行き過ぎだろうか。
彼は「ニューフロンティアとはどういう意味か」との質問に「それは新しい革命的な精神をいうのだ」といい切った。私は軍備の問題で現代のアメリカの政治にいくつかの不安を抱いていたが、こういうタイプの人を検事総長にするアメリカの政治に、私は希望と安心を感じた。これはアメリカの支配層に腐敗のにおいを感じなかったこととともに、私が持ち帰った大切な印象である。

(同書P180~P181)
********************************

(注)著者の小島 甫(こじま はじめ)氏は、金沢市出身、大正4年生まれ。
昭和12年早稲田大学専門部政治経済学科卒。北国新聞社に入社後、政経部長、社会部長、編集局長を経て、北国新聞社副社長。昭和52年4月、62歳で死去。


e0022333_22582072.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2010-06-24 22:59 | ロバート・F・ケネディ

ロバート・F・ケネディの新しい映画

映画『プライベート・ライアン』や『オーシャンズ』に出演した俳優マット・デイモンが、ロバート・ケネディを演じるといううわさの(まだ確定ではないみたいです)、イヴァン・トーマス著の伝記『Robert Kennedy: His Life』を元にしたロバート・ケネディの若き日から暗殺までを描いた映画が制作されるようです。

Matt Damon in talks to star in Robert F. Kennedy biopic
Irish Central

マット・デイモン
e0022333_20432917.jpg


イヴァン・トーマス著『Robert Kennedy: His Life』
e0022333_20373013.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2010-02-27 20:36 | ロバート・F・ケネディ

ロバート・F・ケネディ・ブリッジ

ニューヨークにある Triborough Bridge (トライボロ・ブリッジ) が、このたびロバート・F・ケネディ・ブリッジと改名され、その記念のセレモニーが、ケネディ一族(エセル夫人、ロバート・F・ケネディジュニア、キャロライン・ケネディなど)やクリントン元大統領、ニューヨーク州知事、ニューヨーク市長等が集まって、11月19日に行われました。




関連記事↓
New York bridge renamed for Robert F. Kennedy

関連写真↓
News Photo Results for Robert F. Kennedy Bridge


e0022333_23484436.jpg


左から、ブルームバーグNY市長、ケリー・ケネディ、エセル夫人、看板の右、パターソンNY州知事、クリントン元大統領、キャロライン・ケネディ
[PR]
by kennedy-society | 2008-11-21 23:50 | ロバート・F・ケネディ

週刊「歴史のミステリー」第32号

現在、発売中の週刊「歴史のミステリー」第32号に

歴史検証ファイル
「ロバート・ケネディ暗殺の首謀者は誰だったのか?」
(P9~15)

が、7頁ほど掲載されています。
表紙がボビーなので、本屋さんでもすぐにわかるかと思われます。

週刊「歴史のミステリー」第32号
2008年9月9日発行。税込560円。
ディアゴスティーニ・ジャパン



情報提供は、鈴木克美さん。いつもありがとうございます。

この雑誌を買いに本屋さんへでかけて、ふと本棚を見上げるとムック本の

「別冊宝島 1540
アメリカ大統領の陰謀&タブー事件史 歴代大統領たちのパワーゲームの負の遺産」
宝島社 2008年7月28日発行 143頁 税込み980円

を発見。すぐに購入しましたが、たとえば「第35代 ジョン=ケネディ キューバ危機の後遺症」「アポロ計画に込めたケネディの執念」など、ケネディもたくさん出てきます。しかし、こちらは全体的にスキャンダル雑誌のような雰囲気で、今一歩、信頼性に欠けるような気がします。もちろん、ケネディ資料として大切に保存しますが・・・・。

e0022333_1191379.jpg


e0022333_1193967.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2008-08-30 12:13 | ロバート・F・ケネディ

ロバート・F・ケネディの伝記映画

クリス・コロンバス監督がロバート・F・ケネディの伝記映画を製作することになったというニュースが入ってきました。

土田宏先生が一昨年翻訳されました『ケネディー時代を変えた就任演説』の著者サーストン・クラークのノンフィクションThe Last Campaign: Robert F. Kennedy and 82 Days That Inspired America (画像を参照ください)
の映画化権を獲得したそうです。

詳しくは下記のサイトをご覧ください。

バラエティ・ジャパン ロバート・F・ケネディの生涯描く伝記映画始動



*情報提供は、鈴木克美さん。いつもありがとうございます。

e0022333_023060.jpg

 
[PR]
by kennedy-society | 2008-08-16 00:23 | ロバート・F・ケネディ

ボビーの誕生日

1925年11月20日、ロバート・フランシス・ケネディ、マサチューセッツ州ボストン・ブルックラインで誕生。 今日は、そのボビーの誕生日。

生きていれば今年82歳。
どんなジイサンになっていたのだろう。
うん、きっと素敵なジイサンになっていたに違いない。

日本で、素敵なジイサンというと

白洲次郎(実業家)

天本英世(俳優)

品川力(古書店主)

松本克平(俳優)

福田久賀男(近代文学研究)

などの顔が浮かぶ。

この中では、権力の中枢にいながら権力からは最も遠い、そんな不思議な魅力があった白洲次郎(吉田茂の懐刀といわれた)が、ボビーに最も近いような気もする。

白洲次郎は、目上には厳しいが目下には限りなく優しい。
世の偉いジイサンたちは、自分が無礼なくせに目下の者に「無礼なことを言うな」と子どもみたいに怒鳴るようなジイサンばかりだ。その点、白洲次郎は上に向かっては怒鳴るが「自分より目下の者には、優しくしろよ」と、決して目下の者には威張ることはなかった。それどころか、無類と言っていいほど優しかったという。

昭和25年、電気事業再編審議会会長の松永安左衛門(74歳)が腰掛けている前のデスクに、白洲次郎(48歳)が横座りになって「そりゃ、ジイサン!あんたの理屈だ!」と大声で怒鳴っていたという有名なエピソードがあるが、松永といえば当時周りの人々は腫れ物に触るように畏れていた電力業界のドン。そのドンに30歳近くも年下の白洲次郎が喰ってかかっていたので、それを目撃した人は度肝を抜かれる思いであったという。

ボビーが上院マクレラン委員会で、チームスターズのジミー・ホッファーとやりあっているシーンが、一瞬、思い浮かぶようなエピソード。いいなあ~こういう人物。

今は「何百回もゴルフ接待受けてました」とか「記憶にありません(=政界用語で「事実ですが、今は認めるわけにはいきません」)というような人物が、国を守るべき防衛省の事務方トップであり、大臣であった、そんな時代。情けない。


*画像:皮ジャンがよく似合っていますボビー。    
 
e0022333_15541776.jpg

[PR]
by kennedy-society | 2007-11-20 15:55 | ロバート・F・ケネディ

映画「Bobby」予告編

映画「Bobby」の予告編が、
動画サイトのYou Tubeでご覧になれます

映画「Bobby」予告編

映画の公式サイトは見つからないようで、代わるりに詳しい情報はこちらで。

映画「Bobby」紹介

日本で公開されるとよいのですが・・・・・。

以上、予告編並びに紹介サイトの情報提供はcontentaさん。
ありがとうございました。
[PR]
by Kennedy-Society | 2006-10-06 09:50 | ロバート・F・ケネディ

書評(1) 『ROBERT KENNEDY』

EVAN THOMAS “ROBERT KENNEDY  HIS LIFE”
New York:SIMON & SCHUSTER,2000.

映画「13デイズ」を見た人で、ロバートに心ひかれた人も多いと聞く。その理由として彼の正義感、平和志向とともに敵を見つけた時のロバートの鋭い攻撃能力といったものもあるのではないだろうか。

かつてチームスターズのボスであるジミー・フォッファをも本気で怒らせたというその攻撃能力は、もし南米に生れていたらチェ・ゲバラのような革命家になっていたであろうという説にもうなずけるものがある。

本書はこれまでのロバートの伝記に見られるような悪意と中傷に満ちた、あるいはまた、極度に偶像化されたものとは一線を画し、綿密な資料・調査に基づいて等身大のロバートを描き出すのに成功している。

ただロバートの暗殺についてほとんど書かれていないのが惜しまれる。ロバートが米大統領選挙のカリフォルニア州予備選挙で勝利宣言した直後、ロサンゼルスのホテルで暗殺されたその背後にあるものを探ることによって、彼の目指していたもの、彼の理想としたものがより明瞭に見えてくることもきっとあると思う。

兄のケネディ大統領暗殺に比べて、これまであまり追求されてこなかったロバート・ケネディ暗殺事件を著者の優れた調査力によって明らかにしていたならばと少し残念に思った。

しかしそのことは、本書がロバート・ケネディの伝記としてまず第一に読むべき書としての価値をいささかも減じるものではなく、ロバートに関心を持つ人にはぜひ読んで欲しい書物である。
e0022333_1601430.jpg

[PR]
by Kennedy-Society | 2006-07-10 16:01 | ロバート・F・ケネディ

ジミー・ホッファの遺体捜索

1957年、アメリカ合衆国上院に設置された労使分野における不正活動に関する特別委員会(通称:マクレラン委員会)の主任顧問弁護士として、ロバート・F・ケネディが65人の調査官を指揮して、労働ボスやマフィアと激しく渡り合ったそのもっとも象徴的な相手であるジミー・ホッファ(全米トラック運転手組合、すなわちチームスターズ・ユニオン委員長)の遺体捜索を、FBIが5月18日からアメリカ・ミシガン州デトロイト郊外の農場で開始した。

ジミー・ホッファ失踪については、さまざまな説がある。

1 エリー湖に捨てられた。
2 ニュージャージー州のジャイアンツ・スタジアムの芝生の下に埋められた。
3 当時建設中のニュージャージー高速道路の基礎に埋められた。
4 塩酸で溶かされて、車のバンパーのメッキに使われた。
5 シカゴの精肉工場でひき肉にされた。
6 自動車のトランクに入れられたまま圧縮機でくず鉄にされた。

この他、奇想天外な説も含めていろいろな説がこれまで言われてきた。

今回、チームスターズの元組員で麻薬の輸送で有罪になった75歳のトラック運転手の、一時期ジミー・ホッファの友人のものだったというこの農園に、ジミー・ホッファ失踪当日、数台の車が集結していたという証言によって、FBIがこの農場の土を重機で掘って、ホッファの遺体を捜し始めたものらしい。

この農園は広さが約320平方キロもあり、捜索にはまだ数週間かかると言われていて、26日現在、何も発見されていないという(このため、一部マスコミから税金の無駄づかいという批判がおきているが、FBIはウソ発見器にかけた信ずべき情報であると反論)。

ただ、さすがアメリカと思うのは、地元のケーキ屋さんでは、ホッファの手と思われる緑色の片手が土色のケーキ部分からにょきっと出ている不気味なカップケーキを売り出して、これが結構売れているというから、何とも商魂たくましい資本主義の総本山アメリカ、と言ったら言いすぎで、これも一種のブラックユーモアなのかもしれない。

【参考】
ダニー・デビート監督、ジャック・ニコルソン主演、1993年米映画
『ホッファ JFKが最も恐れた男』(VHSビデオ) 140分

ロバート・F・ケネディ著、波多野裕造・横堀洋一訳
『内部の敵』(原題名:THE ENEMY WITHIN)
日本外政学会 昭和37年2月5日 457頁

画像は、同書より、マクレラン委員会で対決するロバート・F・ケネディとジミー・ホッファ。
e0022333_22363976.jpg

[PR]
by Kennedy-Society | 2006-05-27 22:37 | ロバート・F・ケネディ

誤植

今日の東京新聞夕刊で、ケネディ関連の誤植を発見。

「国家安全保障局 米国内で数千人を盗聴」
という記事の2段目、うしろから2行目。

「今回の問題について、民主党のロバート・ケネディ議員は「ビッグ・ブラザー(情報管理社会を描いたジョージ・オーウェルの小説『1984年』に登場する独裁者)のようで、めちゃくちゃだ」とブッシュ政権を強く批判した」

ロバート・ケネディ議員!!!

一瞬、60年代の新聞を見ているかのような錯覚に襲われた。ケネディ関連の新聞や雑誌の記事は切り抜いて蒐集しているが、エドワード・ケネディ議員を、ロバート・ケネディ議員と間違えて新聞に載せたのを見たのは初めてで、びっくり~。

e0022333_1935223.jpg
でも、なんとなくうれしいような誤植でもあった。東京新聞には間違い指摘メールを出しておいたが、きっとそのままだろうと予測している。

と思っていたら、2日後、東京新聞からお礼のメールがあり、12月19日夕刊国際面に訂正記事が載った。「17日夕刊2面「米大統領が無許可盗聴承認」の記事で、「ロバート・ケネディ議員」とあるのは「エドワード・ケネディ議員」の誤りでした。」
これにて一件落着であるが、マニアとしてはこういう間違い記事も、珍しいケネディ資料として、やはりなんとなくうれしいのである。
[PR]
by Kennedy-Society | 2005-12-17 19:35 | ロバート・F・ケネディ